秋華賞の有力馬診断


※印は[★激走候補~△有力~▽軽視~―無印」を表します

▽アブレイズ 牝3 藤井 55 池江寿(栗東)
まずは3走前フラワーC2着後の回顧文を参照↓
『アブレイズについては、Hペースを先行押し切りといういわゆる強い競馬だったのは間違いないですが、これは通常の牝馬の流れは別物という場面で強さを見せたという点では注意が必要です。
(牝馬限定の上級戦でこういうHペースで上がり36秒台の勝負になることは極めて稀)(牡馬に混じればこういうレースもあるでしょうが、その場合には体力的には牡馬に分があるので、牝馬同士の戦いとは勝手が異なってきます)
次走は桜花賞の模様ですが、それこそ牝馬らしい瞬発力比べのレースが行われるのが毎年恒例のレース傾向です。
そういうレースでアブレイズがどれだけの脚を使えるのかと言えば疑問の方が大きく、強いとしても主流とは方向性が異なる強さの馬として見るべきとは思います。』
・・・
その後のオークスとローズSは共に長い直線コースで直線瞬発力勝負が濃かった一戦…人馬共にフラワーCとは逆の適性不一致レースでの敗戦でした。
(藤井騎手は海外騎乗歴の多い逆輸入騎手だけに、やはり日本競馬特有の“タメ”“キレ”が問われるコースでは振るわず、パワーが問われるコースで活躍傾向)
今回の京都内回り二千コースというのは、少なくとも近2走よりは人馬共に向く条件。その上で雨量あってパワー勝負に色合いが濃くなった場合には浮上の目も無きにしも非ず。


▽ウインマリリン 牝3 横山武 55 手塚(美浦)
▽ウインマイティー 牝3 和田竜 55 五十嵐(栗東)


秋華賞前哨戦の紫苑S&ローズSの予想でも“桜花賞Hレベル説・オークス凡戦説”を展開しましたが、オークスで力を出し切っていない自滅大敗馬の巻き返しは別として、オークスで力を発揮して善戦して注目を集めた馬で今秋好走結果を残したのはここまでにリアアメリアだけとなっています。
例えば昨年はオークス上位5頭は全て秋初戦重賞好走しましたが、その例年比で言えば明らかにオークス組は結果が出ていないと言えるはずです。
そのオークスで2着&3着という好結果を残したコトが最たる人気要因となるウイン2騎については、そのオークス好走が実は世間の見立てよりも大分価値が無いモノだとすれば…確率的にも妙味的にも買うべきではない馬と見られてきます。


△マジックキャッスル 牝3 大野 55 国枝(美浦)

コチラもオークス5着という実績自体はそこまで評価しませんが、明らかに距離長く&詰まりながらも5着に食い込んだという点で上記のウイン2騎よりは加点できるレース内容でした。
前走紫苑Sはワケ有り調教過程での4着→そこから上積みも見込めるココは、人気的にも押さえ評価以上はしたいトコロ。


△デアリングタクト 牝3 松山 55 杉山晴(栗東)
前走の“凡戦”オークスでは、序盤も中盤も直線でもノーザンF&社台F勢から執拗なマークを受ける相当厳しい競馬…調教・血統・過去レース振りという多角度からこういう競馬に相当苦しみ得るはずとの読みでしたが、実際に道中はその苦しみは見てとれる競馬でしたが…それを耐えきっての勝利は桜花賞とは異なる小差だとしても着差以上に強い競馬でした。
そういう最悪に近い競馬での勝利だったので何度レースをやり直しても勝った可能性は高いですが、ただし今回のレースでは直線での一つの進路をマジックキャッスルと取り合ったシーンで一瞬でも後れを取っていれば勝ちはなかったかも知れず…そういう針の糸を通すような騎乗での薄氷の勝利でした。
今回はより狭いコースで、また多頭数でマークされる1人気&非社台馬という立場だけに…能力は抜けているとしても決して安泰と言えないだろうと。


―オーマイダーリン 牝3 幸 55 河内(栗東)
▽ムジカ 牝3 秋山真 55 鈴木孝(栗東)
ローズSで前走1勝クラス好走からの格上挑戦で権利獲得した2頭。
こういう格上挑戦が複数実るというのも異例な出来事で、それは既存勢力のレベルの怪しさの裏返しとも言えるはずです。
オーマイダーリンは鞍上和田騎手の神騎乗での3着で、もう1度レースをやり直しても3着以上好走できた可能性は相当低いはずで…秋華賞でもやれるレベルの馬には見えず。

ムジカは気性難エピファネイア産駒ですが、キョウヘイと同じく馬群の中に入れる競馬で末脚点火するという特殊なタイプで、前走は多頭数密集戦で持ち味を最大限発揮できた格好。また右回りだと外へ行きたがる馬だけに、左回りでジッとしていれたというのも嵌まった激走。今回は散々勝ちあぐねた右回り替わりとなり、同等に走れるかは微妙で…。


▽クラヴァシュドール 牝3 Mデムー 55 中内田(栗東)
オークス有力馬診断では『~同厩舎特有のスピードを磨く調教を施された馬は中長距離路線では不振傾向もあり…ローテや距離などの死角も小さくない人気馬と見ます』と記しましたが、それらしく距離延長二四が仇となった可能性が高い負け方でした。
それと共に桜花賞前哨戦チューリップ賞から好走しなければならなかった立場(要権利獲り)から、走るたびにパフォーマンスを落としたというのは同厩舎らしい使い減り傾向と見られます。

そこから距離短縮と始動戦ローテだった前走ローズSでは好走期待しましたが、そこでも案外なパフォーマンスでの5着止まりという結果でした。
そこから導けるとしたら、距離二千ですら長いのか、または同厩舎の早期育成方針による早熟傾向なのかですが…そのどちらを取るにしても今回秋華賞(同距離・二戦目)で高評価をできる要素は見出せないだけに。


▲サンクテュエール 牝3 ○○ 55 藤沢和(美浦)
つい先週雨開催でも人気馬が総崩れでしたが、例の道悪競馬で極端にパフォーマンスを落とす馬が多い藤沢和厩舎管理馬。
本年も綺麗に「良>稍重>重>不良」の成績分布となっており、先日スプリンターズSを制覇したグランアレグリアも地力の高さで道悪でも崩れてはいませんが、
一切雨の影響無い馬場状況下では全勝だったりします。
サンクテュエールの2走前桜花賞は道悪を思えば健闘と言える6着で、前走オークスはその反動もあってか相当手緩い中間調教過程で全く走れずという結果に。
今回は坂路オンリーはやや気掛かりですが、そのオークスよりは格段にマシな調教過程となっています。
これで良馬場競馬ならば真価を問いたいトコロでしたが、またも雨予報が出ているのが痛恨で…。


▽リアアメリア 牝3 川田 55 中内田(栗東)

中内田厩舎は昨秋シーズンもローズSをダノンファンタジーで制覇していましたが、本番秋華賞では1人8着と人気を裏切りました。
当時ダノンファンタジーを軽視したのと同根拠で、リアアメリアの前走ローズS勝利も中内田厩舎特性が最大限発揮された結果と見るコトができますので…それを本番G1でも持続できるかと言えば疑問符が。


▽マルターズディオサ 牝3 田辺 55 手塚(美浦)
Hレベルレース桜花賞8着善戦馬。
逃げたレシステンシア・2番手スマイルカナが世代屈指の強い馬だった分で一見前残り決着となっていますが、本来は先行馬にとっては相当厳しいレースだったのが桜花賞で…そこで先行8着というのは十分高評価できるパフォーマンスだったと見ています。
それを証明したのが◎を打った前走紫苑Sでの勝利だったと言えるはずです。

ただし、キズナ産駒の特徴として気の良さとレース巧者振りがあって…それ故に軽い前有利のレースになりやすい前哨戦でこそという側面はあるかも知れず…この秋華賞に向けては春も使いつつ気が入って折り合い面で難しさを出して力を出せなかったことからも、連戦と関西遠征競馬で果たしてというハードルは小さくないはずで。
あとはチューリップ賞>紫苑Sのパフォーマンスからも、本質的には距離二千未満の馬だろうと見られます。



【ブログご案内】
http://blog.livedoor.jp/sguw/
宜しければブログの方も上記リンクから飛んでご覧下さいm(__)m





第二重賞の有力馬診断とは


GⅠレースを始めとするメインレースだけではなく
その週に行われるもう一つの重賞もプロファイリング!
(※番組の関係上重賞でない場合もございます。)


こちらの記事は有料コンテンツ(税込400円)となります。
クリックで販売画面へ!

プロフィール


キムラヨウヘイ(考えるヒント/常勝競馬)


キムラ ヨウヘイ(考えるヒント/常勝競馬)

09年より予想活動をスタート、11年からはブログ【考えるヒント(常勝競馬)】を本格始動。
その圧倒的な洞察力とセンス溢れる爆穴予想で一躍注目を浴び、競馬ブログランキングでは常に上位に名を連ねている、若手予想家の人気筆頭格。
またレース以外の記事も持ち前の洞察力で深く切り込み、読者の好評を得ている。

15年には競馬誌【競馬王】5月号でメディア初登場。18年には【競馬予想TV】にも出演を果たした。

また18年には初の著書『考えるヒント~常勝競馬を叶える予想戦術~』を出版。




販売メニュー

■考えるヒント完全予想(重賞OP予想+平場推奨馬)
800円(税込)
サンプルはこちら
■第二重賞の有力馬診断(平日コンテンツ)
400円(税込)
通常月曜夜に配信
※番組の関係上重賞でない場合もございます。

予想は通常レース前日の夜以降にご覧いただけます。


競馬予想GPにはWeb版とアプリ版がございます。

▽Web版はこちらから

※現行サイトではNET CASHのみの取り扱いとなります。


新サイトはこちら

※新サイトでは従来のNET CASHに加え、BitCashやクレジットカードもご利用いただけます。

▼アプリ版のダウンロードはこちらから

iPhone

Android