~馬券裁判を振り返る、そして1億5000万儲けた予想法とは~

競馬予想GPに参戦してひと月、飛ぶ鳥を落とす勢いでご活躍されている卍さん。
卍とはいったいどんな人物なのか。
競馬を始めたきっかけとは? そこから1億5000万稼ぎ、裁判を経て今日に至るまでの軌跡をお伺いしました。


馬券裁判男 卍 ~馬券裁判を振り返る、そして1億5000万儲けた予想法とは~


2010年4月のある朝、家のチャイムが鳴った。

ドアを開けるとスーツ姿の男女が10人。そして突きつけられた令状。
「競馬でたくさんもうけていますよね?」

━━━━━マルサだ。

大阪国税局の査察が入る。そして競馬ファンだけでなく、社会を震撼させた「馬券裁判」へ。

10億円に近い課税、
そして馬券で得た所得を申告しなかったため単純無申告の罪で起訴されることとなる。

主な争点となったのは、
━━━━━外れ馬券は経費として認められるのか。

大阪地方裁判所の判決は、
「外れ馬券を含めた購入費用が必要経費である」

しかしこれに検察側が控訴。高裁でも第一審と同じ判決だったが、
検察側が上告したため、争いの場は最高裁へ。

そして最高裁でも卍氏の主張が認められ、 国税局の査察が入ってからちょうど5年、ようやく「馬券裁判」の幕が下りた。

競馬で億単位の多額の利益を得た方法。
今あの馬券裁判を振り返って、そのときの心情。
卍氏のその素顔に迫ります。



──本日はよろしくお願いいたします。

まず最初に競馬を好きになったきっかけをお聞きしたいと思います。



卍:麻雀仲間の友人達が競馬の話で盛り上がっていたのがきっかけです。

ナリタブライアンが活躍していた時代です。
最寄りのWINSまで自転車で数分という恵まれた環境だったので、よく朝一からWINSに出かけていました。


──なぜか少し安心しました。

勝手な思い込みかもしれませんが、投資として競馬をやっておられる方は、あまりレースを見たりドラマを感じたりということがない印象がありました。
卍さんはイチ競馬ファンとして好きな馬や印象に残ったレースなど、競馬に纏わる想い出はありますか?



卍:まだ競馬を投資として考えていなかった頃には、好きな馬や思い出のレースがあります。

ナリタブライアンとマヤノトップガンが阪神の直線で叩き合いした阪神大賞典は、リアルタイムで見ていて感動しました。

で、その後の天皇賞でも当然ながら2頭の一騎打ちムードでしたが、そのときの私の本命馬はサクラローレルで、見事に1着に来ました。
馬券はサクラローレルから馬連総流しという大穴狙いだったので、おもいっきりトリガミでしたけども(笑)

思い返してみれば、この頃からすでに、大勢に注目されている人気馬に逆らいたくなる穴党の傾向がありましたね。


──たしかに、卍指数は大勢の人が見落としているところを狙うのが本質ですものね。

著書の中ではそういった大勢の人たちの注目している要素として「前走の着順」、逆にあまり注目されていない要素として「馬番の奇数・偶数」などを挙げておられました。
そういった期待値の高いファクターは自身で見つけると書かれていましたが、どういった時に期待値が高い、と気が付くのでしょうか?



卍:最初は、とりあえず目についたファクターは片っ端から調べていました。

その後は、インターネットや競馬本などで情報を収集して、新たに知った情報を、過去データを使って実際に検証して確認するということの繰り返しです。
競馬の格言なんかもいっぱいあるので、そういうものも過去データを使って検証していきました。

自分があまり詳しくない分野のサイトや競馬本を読めば、得られるものも多いです。


──「卍指数」を出すために競馬ソフトを利用されているとのことでしたので、ソフトが勝手に買い目を推奨してくれるものだと思っていましたが、実はけっこう手間のかかる作業なのですね。
そういった分析がお好きなのですか?

また統計学など専門的なことを学ばれた経験がおありなのでしょうか?



卍:分析は大好きです。
図書館で過去何年分ものスポーツ新聞を出してもらって、その場で全レースの全馬の指数を全てノートに書き写す作業を何日もやって、その指数を家で分析していたほどなんですよ。
今から考えると、おそろしく無駄な時間でしたね。

統計学は、中学校のくじ引き問題あたりは大好きでしたが、高校でPやらCやらの記号が出てきた時点で嫌になりまして(笑)
その後は、競馬の分析に興味を持ち出してから、統計学に関する参考書1冊とインターネット上のサイトで勉強しました。

正直、高度な統計学は競馬の分析には不要です。でも中学校程度の知識は必要だと思います。


──ありました。PとかCとか。
ただ時間をかけて分析しても、時とともに変化するファクターもあるかと思います。
定期的に改良されたりされるのですか?



卍:少なくとも10年以上は有効なファクターを使うように心がけているので、ファクターや指数自体をコロコロと変えることはないです。

例外は、競馬場が改修されたときに、その競馬場に関するファクターを一時的に無効にしておき、数年後にサンプルが集まった段階で見直すことはあります。


──2007年から2009年にかけて28億7000万を投資、30億1000万を払い戻して、約1億4000万を稼がれたのことです。それを申告しなかったことで裁判沙汰になりました。

普通税金というと自分の懐に入った金額に対して課せられると思うのですが、卍さんの場合払戻金全額に対して課せられたため、5億7000万円というとんでもない金額が提示され、さらに無申告の罪で刑事裁判となりました。
そのときはどのような心持ちになりましたでしょうか?



卍:課税額だけでも十分過ぎるほどショックだったのに、まさか刑事裁判になるとは思っていなかったので、二重にショックでした。


──今まで前例のなかった事件でしたが、公判までどのような準備をして裁判に臨まれたのでしょう?


卍:裁判官は競馬に詳しくない人が多いだろうということで、競馬に関する初歩的な説明から、自分の馬券の買い方に至るまで、詳細な説明を作成して裁判の証拠として提出しました。
また、税法学者の方に意見書も作成していただきました。


──我々競馬ファンとしては儲かった額以上の税金をもっていかれたのではたまったものじゃありません。
競馬ファンの多くは卍さんのことを応援していました。

ただご家族はさぞ心配だったことと思います。
馬券で投資をし、大金を稼いでいたことをご家族はご存知だったのでしょうか?



卍:はい、家族は知っていました。
でも税金を収めないといけないということは知らなかったようです。


──つかぬことをお伺いしますが、儲けたお金は何に使いましたか?


卍:半分は投資信託(投資のプロに丸投げ)で失い、残りの半分は税金の支払いです。
形に残るような大きな金額のものは何も残っていません。
もちろん、残っていたとしても差し押さえられていたはずですが。


──そうだったのですね。

それでは再び競馬のことについてお聞きしたいと思います。
素人目線な考えで申し訳ないのですが、指数を使う人にとって、例えば1戦1勝馬みたいな馬は実力が計りにくく、そういった馬が出るレースは予想が難しいのではないでしょうか?



卍:1戦1勝馬は過剰人気の傾向があるので、むしろそういう馬が出るレースは狙い目の場合が多いです。


──そうでした。卍指数には純粋な競走能力ではなく、人気と実力の兼ね合いで期待値が高いかどうかということもファクターとして含まれているのですね。

卍さんの投資馬券術にレース相性や適性はありますか?
例えばレースによって指数がフィットしたりしなかったり、ということはありますでしょうか?



卍:卍指数がフィットする条件とフィットしない条件というのは確かにあるとは思いますが、まだ卍指数を販売してから2年弱ほどなので、この条件が合うとか合わないとかを明確に言えるようになるにはもう少し時間が必要です。


──時間といえば、 競馬を投資としてみた場合、
結果を出すためにはどのくらいのスパンを想定するべきなのでしょうか?



卍:私は1年間ぐらい(的中レース数が100レースになるぐらい)を想定しています。
それぐらい経っても成績がイマイチな券種については買い方を見直すようにしています。


──1年経つ前にゲームオーバー、つまり資産がゼロになってしまわないか心配なのですけど、それを回避することはできるのでしょうか?


卍:これはもう掛け金を下げていくしかないです。

私の場合は、残高が半分になったら賭金も半分にし、残高が5分の1になったら賭金も5分の1にしていました。
このやり方で、破産することなしに何度もスランプを乗り越えてきました。


──それは興味深いですね。

本にも残高の90%以上を失うスランプに陥ったこともあると書かれていました。
精神的にも堪えると思うのですが、そういったときどのような対処をされたのですか?

そもそも一定の投資をするためには常に平常心でいることが必要だと思います。気持ちがぶれないために心がけていることなどはありますか?



卍:スランプの間は競馬のことをできるだけ考えず、競馬以外のことを楽しむようにしていました。
何度かスランプを経験していると徐々に慣れてきて、数ヶ月くらいのスランプは平気になりました。

気持ちがぶれないためには、迷いそうなことは予めルール化してしまうことです。
例えば、半年経っても回収率がマイナスだったら予想方法を変えるとか、この予想家の予想を買ってみて半年経っても回収率がマイナスだったら買うのをやめるとか、何でも予めルールを決めておけば、気持ちのぶれは抑えられると思います。


──それは大切なことですよね。
もしこれを読んだ読者が卍さんの予想を参考にして1億円稼いでしまったらどうしましょう。



卍:まずはきちんと申告しましょう(笑)
外れ馬券を経費として申告することが前提ですが。
私が販売している前日予想の買い目はボックスやフォーメーションにしてあるので、マークシートで買いやすいようになっていますが、競馬場やWINSで馬券を買った場合にどうやって申告すべきなのかは、私には分かりません。


──今週は宝塚記念ですね。
宝塚記念と言えば夢のレースですが、卍さんの「夢」は何ですか?



卍:特に大きな夢はありませんが、気持ちと時間に余裕のある生活をおくりたいです。
1ヶ月丸々競馬の研究というのもいつかやってみたいですね。


──いいですね!1カ月丸々競馬の研究。多くの競馬ファンの夢かもしれません。

それでは最後に読者の皆様にメッセージをお願いします。



卍:私の馬券術は「当てに行く」馬券術ではなく「当たるまで待つ」馬券術なので簡単には当たりません。
私と共にスランプに耐えていただける方をお待ちしています。
耐えに耐えた末の大穴馬券の的中を共に喜べることを楽しみにしています。


──本日はありがとうございました。
競馬予想GPから億万長者が出ることを私たちも楽しみにしています!






戻る


また競馬予想GPにはお手軽なアプリ版もございます。ぜひお試しください。

▼ダウンロードはこちらから

iPhone版

Android版