舞台は昨年春10万馬券を連発した中山へ!


今年もトレジャーハンティングの季節がやってきた。
昨年は4月2週~4月3週にかけて2週連続で3連複10万馬券を的中させた瀬戸駿。
秋の中山開催でも10万馬券を的中させており、中山での強さは折り紙付き。
特に短距離戦が得意とのことで、人気薄のあっと言わせる逃げ切りや、目の覚めるような追い込みが勝ちパターン。
見てて痛快な的中というのも瀬戸の特徴だ。
メインレース後の最終レースで大逆転というシーンを何度も見た。

メニューは1日4~5Rで540円とお手頃価格で配信中。
ぜひこの機会にお試しください!


予想は通常レース前日の夜以降にご覧いただけます。


連続10万馬券についての解説はこちらの『お宝の地図の歩き方』でご覧いただけます。


■本日のトレジャーレース 540円(税込) 


予想は通常レース前日の夜以降にご覧いただけます。



9/15(土)中山8R
12アルゴロオジエ→2番人気2着
○8シルバーストーン
▲14アルベルティーヌ
△16タイセイシュラーク
△2セラファン→11番人気3着
×4,5,6,11,13,15→9番人気1着
---------------------------
上がり勝負。
◎の前2走はHペースで度外視。もう少しゆったり行けそうなメンバーになり上がりの脚も増す。

☆馬券
馬連  →○▲△× 5,580円的中!
3連複 →○▲→○▲△× 114,090円的中!


予想は通常レース前日の夜以降にご覧いただけます。


トレジャーローテとは
■先行馬の前走距離を「短縮」「延長」「同距離」「異種(芝⇔ダ)」に分類。
短縮ローテの先行馬が揃った場合はスローペースになることが多く、逆に延長ローテが揃った場合は厳しいペースになる可能性が高くなるなど、
先行馬のローテから今回のレース展開を予測する方法。
そして、先行馬の前後半の3Fからペースのキャパシティ(対応力)を独自に分析し、想定ペースで力を発揮できるタイプか否かを判断。
また、ペースのキャパは通るコースによって左右するため馬場バイアスも重視する。
馬場バイアスがフラットであれば、競馬は圧倒的に先行馬が有利であり、先行馬のキャパを上回らなければ差し馬は届かない。
そのため、先行馬がどんなペースで、どれだけペースのキャパがあるかを分析することが重要である。


―瀬戸 駿―(せと しゅん)
■独自の馬券理論「トレジャーローテ」を駆使して毎年プラス収支を計上!数々の競馬予想コンテストで優勝した実績を持つ新進気鋭の競馬予想家。
競走馬は個々の馬によってペースのキャパシティ (対応力)が異なるため、「レース展開」を読むことが馬券的中へ最も重要と考え、
そのレース展開は先行馬の前走ローテを見れば分かると言う。

Twitter:@uma_seto


競馬予想GPにはWeb版とアプリ版がございます。

▽Web版はこちらから

※現行サイトではNET CASHのみの取り扱いとなります。


新サイトはこちら

※新サイトでは従来のNET CASHに加え、BitCashやクレジットカードもご利用いただけます。

▼アプリ版のダウンロードはこちらから

iPhone

Android