独自の理論「トレジャーローテ」を駆使する男、瀬戸駿。
その理論を使って、予想大会を荒らし回ったその経歴はまさにトレジャーハンター。
競馬予想GPで今週末より販売開始!


―瀬戸 駿―(せと しゅん)
■独自の馬券理論「トレジャーローテ」を駆使して毎年プラス収支を計上!数々の競馬予想コンテストで優勝した実績を持つ新進気鋭の競馬予想家。
競走馬は個々の馬によってペースのキャパシティ (対応力)が異なるため、「レース展開」を読むことが馬券的中へ最も重要と考え、
そのレース展開は先行馬の前走ローテを見れば分かると言う。


トレジャーローテとは
■先行馬の前走距離を「短縮」「延長」「同距離」「異種(芝⇔ダ)」に分類。
短縮ローテの先行馬が揃った場合はスローペースになることが多く、逆に延長ローテが揃った場合は厳しいペースになる可能性が高くなるなど、
先行馬のローテから今回のレース展開を予測する方法。
そして、先行馬の前後半の3Fからペースのキャパシティ(対応力)を独自に分析し、想定ペースで力を発揮できるタイプか否かを判断。
また、ペースのキャパは通るコースによって左右するため馬場バイアスも重視する。
馬場バイアスがフラットであれば、競馬は圧倒的に先行馬が有利であり、先行馬のキャパを上回らなければ差し馬は届かない。
そのため、先行馬がどんなペースで、どれだけペースのキャパがあるかを分析することが重要である。


■本日のトレジャーレース 500円 デビュー記念特価!



函館11R 函館記念
------------------------------
【先行馬】15,7,10,2,14
------------------------------
◎12ルミナスウォリアー
〇6アングライフェン
▲1サトノアレス
△15ヤマカツライデン
△11ツクバアズマオー
次点
4,9,14,16

馬場は内有利。各馬の持ち脚に差がなく持続力勝負。先行馬で対応力があるのは15,14。

内枠、ペース対応力馬有利。◎はペース対応力があり上がりの脚もあるので、外外を回しても脚は続く。
決め脚に欠けるので持続力勝負も合うはず。内枠1,6は対応力がないためスムーズなら。


予想は通常レース前日の夜以降にご覧いただけます。


競馬予想GPにはWeb版とアプリ版がございます。

▽Web版はこちらから

※現行サイトではNET CASHのみの取り扱いとなります。


新サイトはこちら

※新サイトでは従来のNET CASHに加え、BitCashやクレジットカードもご利用いただけます。

▼アプリ版のダウンロードはこちらから

iPhone

Android