オークスの有力馬診断


※印は[★激走候補~△やや有力~▽やや軽視~―無印」を表します

▽ラヴズオンリーユー牝3Mデムー55矢作(栗東)
つい先々週NHKマイルCアドマイヤマーズで久々G1勝利に至ったデムーロ騎手ですが、その騎乗は確かにデムーロ騎手だからこそ勝てた騎乗・デムーロ騎手らしい好騎乗だったと思いますが、あれで「復活だ!」とは思えないです。
色々な噂も飛び交ってメンタルが云々という指摘もされていますが、一つ事実としては以前とは騎乗フォームも違いますし、乗り難しい馬での失敗(自滅)は特に目立ちます。
そのアドマイヤマーズは詳しくは回顧の通りですが、条件好転や枠順や距離設定や陣営指示など諸々のお膳立てもあっての結果でした。
今回ラブズオンリーユーは…初多頭数・折り合い問題馬・距離延長・長距離などなど、上位人気馬ではありますが激走に導くには高難易度局面であるのは確かなので…逆にココでそれができるのならば「復活だ!」と思えてきますが。


▽ダノンファンタジー牝3川田55中内田(栗東)
桜花賞4着馬。
桜花賞上位入線馬はオークスでもそのまま好走できるのが大半ですが、例外としては単純に距離適性(肉体的&精神的)の著しい不一致があったケースではそりゃ飛びます。
桜花賞では1番人気馬として折り合いに不安を抱えながらも外枠から正攻法競馬をしてきたダノンファンタジーは、やはり近走よりは厳しい競馬を強いられた分だけ失速を招いての4着でした。
強気川田騎手騎乗の分で距離マイルで折り合い難ありながらも先行競馬を貫いてきた馬だけに、そこからの距離一気延長は余計に堪えてしまう可能性も大アリで。。


▽シゲルピンクダイヤ牝3和田竜55渡辺(栗東)
桜花賞2着馬。
イメージとしては同じダイワメジャー牝駒のミスパンテール…あれも見た目だけで言えば3歳春時点では距離をこなせそうだったのですが、オークスでは初輸送東京でイレ込んで掛かり先行自滅など、やはり気性的に行き着く所はマイラーでした。
シゲルピンクダイヤも実際に調整に苦労しているなど気性に問題ありそうなダイワメジャー牝駒という時点で…初輸送東京でどうかですしオークス距離もこなせる馬ではないと思いますが。。


★クロノジェネシス牝3北村友55斉藤崇(栗東)
桜花賞3着馬…2着シゲルピンクダイヤとの小差は直線の捌き一つの運差でした。
これもバゴ産駒だけに一歩間違えればという側面はありそうですが、それでも距離マイルで抑える競馬を続けている分で、現状では距離二四でも自滅よりは何とかこなしてくれそうなイメージはできます。
ただし、やはり調教もテンションに気を遣ってか相当手控え気味で、自滅はなくともG1を本気で獲りに来ている(獲れる)馬のソレではないだろうとも。


△ビーチサンバ牝3福永55友道(栗東)
阪神JF&桜花賞上位勢の中では最も影が薄くなりそうなビーチサンバですが、上記の気性難マイラーよりはコチラの方が無難に距離が持ちそう。
中長距離適性高い友道厩舎でもあり、この中間も気を遣わねばならない点が少ない分で充実の攻め過程を詰めているのも好感。
左回り替わりもプラスで、乗り続けている鞍上も良しで…無難な妙味馬はコレかも知れません。


★シェーングランツ牝3武豊55藤沢和(美浦)
2歳時には『距離適性の差…距離マイルで総合力問われる競馬になると分が悪い面があって、それが直線での鈍さにもつながりました。来春・距離二千以上ならばこの中でもトップになり得る素材です』と書いた通り、阪神JF~桜花賞戦線での不足成績は見込み通りで、このオークスでの個人的期待馬でしたが・・・。

ただし『同厩の先輩ソウルスターリングの失敗歴からチューリップ賞では仕上げない方針もあった様なので着順自体は情状酌量できるモノですが、仕上げ云々とは別の所でそのソウルスターリング同様に気難しい所が見られるようになってきたのが結構気掛かりな材料で…信頼は置けぬという見方です。』という、距離適性やら能力やら以前の問題として、内面的に復調できるのかは怪しい面が出てきてしまったのが…。


△コントラチェック牝3レーン55藤沢和(美浦)
これまで控えた競馬では2戦2敗、逃げた競馬では3戦3圧勝…折り合いに難しい所がある馬で、とにかくぶっ放して行けば圧倒的な性能の高さで激走するが、我慢させる競馬はできていないという現状。
前走フラワーCではノーザンF天栄サイド主導での丸山騎手ワンポイント起用でしたが、そこでは次走云々は考えずに目先勝利優先騎乗をという指示だったとの話。
今回は牝馬限定最長距離戦のオークスで、まず控える競馬ではまた失敗が目に見えているというのと、今までは逃げれば勝って当然というレース続きでしたが同型も居るは距離も長いはのココは何か失敗すれば逆噴射も有り得る場面というのが常識的な見方と思いますが・・・。


▽ジョディー牝3武藤55戸田(美浦)
まずはクイーンC回顧を参照↓
『これで逃げた時には3戦3勝、非逃げでは3戦3凡走というスンナリ系馬。
前走阪神JFは2番枠から前に行けなかったのが全ての敗戦。
今回は少頭数立てと同型不在での楽逃げで、ジョディーとしては180度違うパフォーマンスを繰り出せる局面でした。
確かに展開に恵まれた面は否めませんが、それでも直線で早々に差し追い込み馬に迫られて普通ならば飲み込まれる所だったと思いますが、そこから4着馬に抜かせずの粘り腰はお見事。
流石に1着馬2着馬の方な一気の瞬発力を封じるのは難しいのでしょうが、今回のレース振りを見る限りでは逃げの形にさえ持ち込めればスローペースでもハイペースでもそれなりの粘り腰を常に見せてくれる姿が想像できます。
半フロック視される次走以降も注目すべき存在と見ます。』
・・・
その後は逃げられずのフラワーCでは5着止まりで、フローラSでは逃げて3着好走…これで逃げれば4戦4好走・逃げなければ4戦4凡走という明確な戦績になっています。
一介の展開次第運次第の逃げ馬ではなく、その自分の形ならばそれなりの馬と見ますが、まず今回はコントラチェックの圧倒的なスピードを前にしては厳しい形が予想されて・・・。


―カレンブーケドール牝3津村55国枝(美浦)
前走スイートピーSは低レベル戦でそこでの勝ち実績は微妙…またそこでは道中に位置取りを上げる競馬が嵌まって勝利したが、前哨戦でそういう競馬をしてからの距離延長本番レースというのは好ましい過程でもない。


―フィリアプーラ牝3丸山55菊沢(美浦)
フェアリーS1着賞金でココに歩を進めてきましたが、そのフェアリーSは、他の牝馬重賞レースと比較しても飛びぬけてレベルが落ちる低調な一戦でした。
2着以下の好走馬でも次走以降に重賞OPで掲示板ららも遠いという散々な結果となっている通りです。
その勝ち馬であるフィリアプーラも他重賞に出走していたら好走無謀だっただろうレベルの馬で…消し。


▽ウィクトーリア牝3戸崎55小島茂(美浦)
▽シャドウディーヴァ牝3岩田康55斎藤誠(美浦)
フローラSでの権利獲得組2頭。
そこではウィクトーリアは少し出負けしたあとは戸崎騎手らしく強引にはいかずに控える格好…気難しい面もある馬だけにあのまま内を狙っていればどうなっていたか分かりませんが、外に持ち出すことを優先した外差しの形を作れたのが奏功しての好走。
対してシャドウディーヴァはインに拘って、最後は反則気味(過怠金10万円)の割り方をしてラスト急追の好走。
どちらももう少しスムーズならばパフォーマンスを伸ばせた余地はありますが、ただし結果的には王道路線での非好走馬ばかりが上位を占めた通りのメンツの一戦ですので…これを以てしてオークスでどうこうとまでは言えないとの評価まで。

それよりは抽選対象ですがそのフローラSで大外18番枠仇で5着に敗れたフェアリーポルカの方が魅力有かも。


―ウインゼノビア牝3松岡55青木(美浦)
https://twitter.com/jou_syou/status/1127821006733578240
松岡騎手のジャッジはデキはベストに及ばず、そして距離適性については前走フローラS時にもギリギリもギリギリとしていましたので…今回オークス(距離2400)は適性不足承知での記念出走的な意味合いに読み取れます


―アクアミラビリス牝3藤岡佑55吉村(栗東)
3走前フェアリーSは超低レベル戦で勝たねばならぬ一戦でしたが、そこでは折り合いを欠いて自滅の形での5着止まり。
2走前エルフィンSでは一転して最後方折り合い専念競馬から、当時の外差し有利馬場も味方にしての圧巻勝利。
前走桜花賞では当時絶不調デムーロ騎手は中団競馬を選択して、結果的にはそれが仇となり自滅の格好。

エルフィンSのパフォーマンスの限りでは無きにしも非ずですが、やはり一番の課題はそれみたくの極端な競馬以外でのメドが立っていない点…距離延長も手替わりもマイナスで、これが上手く競馬できての上位入線は望み辛い。


△エールヴォア牝3松山55橋口慎(栗東)
まずは前走桜花賞時の有力馬診断を参照↓
『競馬王誌2月発売号ではコノ馬をオークス路線の注目馬として挙げましたが、それの通り前走フラワーCでは距離長め適性も示す重賞好走を果たしました。
その前に遡っても秀逸だったのが阪神千八での未勝利戦1.0秒差圧勝で、その一方で距離マイル以下だとそこまでではないという戦績になっています。
できればオークス直行で見たかった馬…距離マイルだとスピード不足・瞬発力不足で微妙。。』
・・・
その桜花賞では痛恨の出遅れ。それと距離不足マイルと最内枠を思えば7着は大健闘の類です。

ただし、ヴィクトワールピサ牝駒というのは気性的に十中八九おかしくなる末路ですので、出遅れが一過性で済むのかは微妙で、そこはリスク(ギャンブル)になる点で・・・。






第二重賞の有力馬診断とは


GⅠレースを始めとするメインレースだけではなく
その週に行われるもう一つの重賞もプロファイリング!
(※番組の関係上重賞でない場合もございます。)


こちらの記事は有料コンテンツ(税込500円)となります。
クリックで販売画面へ!

プロフィール


キムラヨウヘイ(考えるヒント/常勝競馬)


キムラ ヨウヘイ(考えるヒント/常勝競馬)

09年より予想活動をスタート、11年からはブログ【考えるヒント(常勝競馬)】を本格始動。
その圧倒的な洞察力とセンス溢れる爆穴予想で一躍注目を浴び、競馬ブログランキングでは常に上位に名を連ねている、若手予想家の人気筆頭格。
またレース以外の記事も持ち前の洞察力で深く切り込み、読者の好評を得ている。

15年には競馬誌【競馬王】5月号でメディア初登場。18年には【競馬予想TV】にも出演を果たした。

また18年には初の著書『考えるヒント~常勝競馬を叶える予想戦術~』を出版。
現在発売中の「競馬王」1月号では、「プロの切り札」としてハーツクライ産駒と外国人騎手の相性を分析しています。
詳しく知りたい方はぜひご一読ください!




販売メニュー

■考えるヒント完全予想(重賞OP予想+平場推奨馬)
980円(税込)
サンプルはこちら
■第二重賞の有力馬診断(平日コンテンツ)
500円(税込)
通常月曜夜に配信
※番組の関係上重賞でない場合もございます。

予想は通常レース前日の夜以降にご覧いただけます。


競馬予想GPにはWeb版とアプリ版がございます。

▽Web版はこちらから

※現行サイトではNET CASHのみの取り扱いとなります。


新サイトはこちら

※新サイトでは従来のNET CASHに加え、BitCashやクレジットカードもご利用いただけます。

▼アプリ版のダウンロードはこちらから

iPhone

Android