ファンの間で語り草となっている伝説のダイワエルシエーロから13年、オークスは去年、一昨年も連続で的中させており、亀谷にとって最も相性のいいレースの一つである。


こちらが過去2年の予想。


2015年


◎10番 ミッキークイーン
○17番 クルミナル
▲14番 ルージュバック
△13番 アンドリエッテ
△7番 キャットコイン
△11番 ペルフィカ
△5番 シングウィズジョイ

軽い馬場でディープ産駒の直線スピード活きる。 ディープ産駒は、前走好調で1600m以上で実績残し、速い上がりも出せるタイプは崩れない。
・オープンで連対実績
・芝マイル以上で2勝
・上がり34.5秒以内で勝利実績

以上3つの条件をすべて満たしたディープ産駒は5頭。このうち4頭が馬券圏内に。 今年は◎○が該当。

結果
1着 ◎10番 ミッキークイーン(3人気)
2着 ▲14番 ルージュバック(1人気)
3着 ○17番 クルミナル(6人気)


2016年


◎14番 ビッシュ
○3番 シンハライト
▲18番 ダイワドレッサー
△1番 フロムマイハート
△13番 チェッキーノ
△5番 ペプチドサプル
△2番 アウェイク
次点 6, 8,17,15,12, 7

◎はノーザンファームのディープ産駒。なおかつ当レースで期待値高い「牡馬混合の芝1800以上で2勝以上」の戦歴。 ○もノーザンファームのディープ産駒で特に減点材料なし。 ▲は非常にタフな牡馬混合の芝2000mの特別戦を経験。この経験は有利。母系にはオークスに強い欧州型ナスルーラ系のなかでも特に好相性のトニービンに加え、東京芝G1に同じく強いヌレイエフ系の血も。

結果
1着 ○3番 シンハライト(1人気)
2着 △13番 チェッキーノ(2人気)
3着 ◎14番 ビッシュ(5人気)



今年の予想にも乞うご期待!



※オークスの予想は土曜の夜以降の公開となります。


販売メニュー

★重賞レース予想(972円)


プロフィール

亀谷 敬正(かめたに たかまさ)

競馬予想家。
血統という概念をデジタル化した「血統ビーム」に続き、「大系統・小系統」、「ブラッドバイアス」など斬新な理論を次々と生み出し、予想界の風雲児として競馬ファンに多大な影響を与えた。
現在も『競馬血統研究所』、『競馬予想TV』をはじめ、数多くのメディアで活躍中。
主な著書に、『重賞ビーム』、『競馬◎研究所』、『安藤勝己の頭脳』などがある。




また競馬予想GPにはお手軽なアプリ版もございます。ぜひお試しください。

▼ダウンロードはこちらから

iPhone版

Android版