立山輝 重賞展望


今週のVサインコラム
★重賞を斬る★
「愛知杯を斬る」
◆ワンポイント
牝馬の中距離G1レースの頂点は、「エリザベス女王杯」。1月に行われる愛知杯は日程を数多く変更し鵜てきたレース。鳴尾記念・中日新聞杯・金鯱賞と同じようにつながるG1戦の関係で開催日程が変更されている。つまり出世を前提とした重賞の一つだ。3年前に2着馬ノームコア。昨年はランブリングアレーを牝馬G1で連対している。さらに今年昨年は1着賞金を含め賞金体系が増額されたG3重賞だ。こういったレースのポイントは

「格付けの高いレース善戦馬が台頭する。特に連対馬は確率アップ」

今回その流れに該当するのが
秋華賞3着馬 アンドヴァラナウト 好調の松山弘平騎手鞍上なら心強い

◆日経新春杯を斬る◆
「日経新春杯を斬る」
ワンポイント
日経新春杯&‪日経賞と日経新聞社の名が冠としてつけられているG2レースは数多くの重賞で活躍する馬たちを輩出している。

「2200M重賞連対歴が重要」

1番人気に予想されるステラヴェローチェは2200Mで行われた神戸新聞杯を勝った馬・この馬は外せない。

京成杯や相手については、Vサインメイン予想+サインの太刀筋で

サインの太刀筋では、日曜の日経新春杯についての特選連対馬パターンを公開します。ぜひご一読を。 


サインについての解説、用語集はここに掲載!




◆先週のベストヒット◆
1月10日的中炸裂
中山11RフェアリーS
<解析>
★フェアリーSの連対傾向
フェアリーSの特徴は阪神ジュベナイルフィリーズ出走馬か隣が連対するのが一つのパターン。今回はその流れからの出走馬がいない。その点で牝馬で朝日杯フューチュリティステークスへ進んだスプリットザシーが隣氏名のサイン馬牝馬限定戦しか走っていない遊馬が台頭するのが牝馬重賞。このあたりを考え馬券を組んでいきたい。
◎スターズオンアース
★1勝クラスマイル戦の出世レース、赤松賞。
3着と連対したスターズオンアースに注目したい。お正月競馬からの傾向だが
「馬名頭文字と末尾文字が同文字馬か隣連対傾向」中山金杯のスカーフェイスなどが目立つ例。
◎スターズオンアース
◎ニシノラブウインク

◎スターズオンアイス
▲ライラック
*ビジュワール

3番複170円
8番単710円
馬単
◎3=8(馬単3440円的中)

中京11R淀短距離S
<解析>
★京都金杯連対騎手と接触またはその対角配置の騎手に注意せよ。
昨日のシンザン記念は京都金杯と同配置正逆10番の横山典騎手が1着。対角にはこれも京都金杯と同配置だった松山騎手を配置してサインサポートした。
◎松山弘平騎手
◎正逆10番

◎スマートクラージュ
▲タイセイアベニール
△ダディーズビビット
4番単270円複140円
馬単
○4=5(2030円的中)
3連単フォーメーション(12120円的中)
1着4,1,12
2着4,1,12,5,2
3着4,1,12,5,2,15

〜サインは貴方の見えない真を教えてくれます~
立山@輝



立山輝最終決断は??
立山流で導き出した買い目付きの予想はこちらから!
通常レース当日朝9時頃配信!


競馬予想GPトップページへ