高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(21/9/11.12)


【土曜中京11R エニフS】
★ジャスパープリンス(牡 2015 父Violence 母父Bernardini)
◎成績:[6.2.3.15]
◎牝系:FNo.19-b(バランス系)~母Ambitious Journey、近親Blushing K. D.(ケンタッキーオークス)、Electronic Unicorn(チャンピオンズマイル)、Ambitious Cat(ダンススマートリーS)、Dothraki Queen(ポカホンタスS)、Balletomane(プリンセスS)、フィフスペトル(京成杯AH)、Share the Ride(ジェネラルジョージS)
◎コメント:指数は平凡。逃げ馬をチョイ差しして連覇達成。

【土曜中山11R 紫苑S(G3)】
★ファインルージュ(牝 2018 父キズナ 母父ボストンハーバー)
◎成績:[3.1.1.1]~フェアリーS(G3)、紫苑S(G3)
◎牝系:FNo.4-r(バランス系)~母パシオンルージュ、近親ノーウ゛ァレンダ(全日本2歳優駿)、リトルオードリー(4牝特西)、ココパシオン(シェーヌ賞)、ザラストロ(新潟2歳S)、ココナッツパンチ(弥生賞2着)、プレノタート(フィリーズR3着)
◎コメント:指数は上々。実績上位で、小回りの淀みない流れもピッタリ。

【日曜中京11R セントウルS(G2)】
★レシステンシア(牝 2017 父ダイワメジャー 母父Lizard Island)
◎成績:[5.3.1.2]~阪神JF(G1)、セントウルS(G2)、ファンタジーS(G3)、阪急杯(G3)
◎牝系:FNo.9-g(バランス系)~母マラコスタムブラダ(ヒルベルトレレーナ大賞)、兄弟グラティアス(京成杯)、ミッキーブラック(芙蓉S)、近親Pulma(ホルヘデアトゥーチャ大賞)
◎コメント:指数はイマイチ。休み明けだが、最低人気の番手から抜け出す理想形だけに辛勝は物足りず。

【日曜中山11R ダービー卿CT(G3)】
★カテドラル(牡 2016 父ハーツクライ 母父Rock of Gibraltar)
◎成績:[4.4.1.10]~ダービー卿CT(G3)
◎牝系:FNo.4-i(バランス系)~母アビラ、兄弟ジェベルムーサ(エルムS)、近親Poliglote(クリテリウムドサンクルー)、Special Ring(エディーリードH(2回))、He's Your Man(ザスターエプソム)、Animatrice(マルレ賞)、Five Dynasties(キングエドワード7世S)、Windhoek(アナトリアT)、Alexandrie(クレオパトル賞)、King Alex(ロイヤルホイップS)、Sadler's Flag(ロワイヨモン賞)、アドマイヤカイザー(エプソムC)、Alexius(ゴードンS)、Bailador(ウ゛ィシー大賞)、Perfect Hedge(ペネロープ賞)、Ladys First(アタランタS)、Called to the Bar(リス賞)、Baptism(カルロダレッシオ賞)、パワーポケット(七夕賞3着)
◎コメント:指数は上々。乗り替わり効果か、内有利なコース状態をフル活用してモタれる面も見せず。


【注目レース勝ち馬の牝系解説とは】
先週行われたレースの中から、注目度の高いレースをピックアップし、牝系を解説します。
牝系とは母方の血統のことで、19世紀にブルース・ロウが考案したファミリーナンバーを元に、高柳氏が「地力系」「バランス系」「極軽系」に三分類。勝ち馬がどの系統に分類されるかでレース傾向を探ります。
さらに勝ち馬の近親馬を列記することで、その牝系の特色をつかむことができます。
また「高柳式スピード指数」によるレースレベルの評価も記載してしていますので、ぜひ参考にしてください。


競馬予想GPトップページへ