高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(19/11/2.3)


【土曜東京11R 京王杯2歳S(G2)
★タイセイビジョン(牡 2017 父タートルボウル 母父スペシャルウィーク)
◎成績:[2.1.0.0]~京王杯2歳S(G2)
◎牝系:FNo.23-b(極軽系)~母ソムニア(函館2歳S3着)、近親ユートピア(全日本2歳優駿ダービーGP南部杯連覇)、インターフラッグ(ステイヤーズS)、アロハドリーム(中京記念)、マルカコマチ(京都牝特)、ミュゼスルタン(新潟2歳S)、メイプルシロップ(ローズS2着)、アガラス(東スポ杯2歳S2着)、ドリームフライト(ダイヤモンドS3着)、シャドウアプローチ(ききょうS)
◎コメント:指数は上々。だだっ広くて極軽な府中に替わって持ち味がイキイキ。

【土曜京都11R ファンタジーS(G3)】
★レシステンシア(牝 2017 父ダイワメジャー 母父Lizard Island)
◎成績:[2.0.0.0]~ファンタジーS(G3)
◎牝系:FNo.9-g(バランス系)~母マラコスタムブラダ(ヒルベルトレレーナ大賞)、兄弟ミッキーブラック(芙蓉S)、近親Pulma(ホルヘデアトゥーチャ大賞)
◎コメント:高指数。新馬は4角外に張る駄乗で、2走目でレース慣れした上積み大。

【日曜東京11R アルゼンチン共和国杯(G2)】
★ムイトオブリガード(牡 2014 父ルーラーシップ 母父サンデーサイレンス)
◎成績:[6.4.1.10]~ア共杯(G2)
◎牝系:FNo.4-d(バランス系)~母ピサノグラフ、兄弟ジャズファンク(若駒S3着)、近親シンコウラブリイ(マイルCS)、シンメイフジ(関東オークス)、ロードクロノス(中京記念)、トレジャー(セントライト記念2着)、タイセイトレイル(ア共杯2着)、レディミューズ(チューリップ賞2着)、マイネエポナ(フェアリーS2着)、クインズサターン(マーチS2着)、レトロロック(小倉日経OP)、ロードマイウェイ(ポートアイランドS)、ロードデューク(御船山賞)
◎コメント:指数は平凡。従兄弟のタイセイトレイル共々、内目をロスなく立ち回って渋太さをフル活用。

【日曜京都11R みやこS(G3)】
★ヴェンジェンス(牡 2013 父カジノドライヴ 母父スペシャルウィーク)
◎成績:[7.7.4.7]~みやこS(G3)
◎牝系:FNo.1-w(地力系)~母スペシャルクイン、近親トウショウレオ(小倉大賞典連覇)、フロンテアクイーン(中山牝馬S)、グロリアトウショウ(淀短S)、トップコーリング(牛若丸JS)、フーガ(王冠賞)、マルヨバナーヌ(ライデンリーダー記念)
◎コメント:指数はイマイチ。Hペースの消耗戦で、1号族牝系の地力をフル活用。




【注目レース勝ち馬の牝系解説とは】
先週行われたレースの中から、注目度の高いレースをピックアップし、牝系を解説します。
牝系とは母方の血統のことで、19世紀にブルース・ロウが考案したファミリーナンバーを元に、高柳氏が「地力系」「バランス系」「極軽系」に三分類。勝ち馬がどの系統に分類されるかでレース傾向を探ります。
さらに勝ち馬の近親馬を列記することで、その牝系の特色をつかむことができます。
また「高柳式スピード指数」によるレースレベルの評価も記載してしていますので、ぜひ参考にしてください。

競馬予想GPにはWeb版とアプリ版がございます。

▽Web版はこちらから

※現行サイトではNET CASHのみの取り扱いとなります。


新サイトはこちら

※新サイトでは従来のNET CASHに加え、BitCashやクレジットカードもご利用いただけます。

▼アプリ版のダウンロードはこちらから

iPhone

Android