高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(19/9/7.8)


【土曜阪神11R エニフS】
★エアアルマス(牡 2015 父Majestic Warrior 母父Empire Maker)
◎成績:[5.3.1.4]
◎牝系:FNo.12-c(地力系)~母Nokaze、近親Sligo Bay(ハリウッドターフCS)、フサイチセブン(ダイオライト記念)、ダノンバラード(AJCC)、レディバラード(クイーン賞)、スーパームーン(AJCC2着)、ロードアリエス(京都新聞杯2着)、グラッツィア(新潟JS2着)、ミレニアムウイング(みなみ北海道S)、エアマックール(アルデバランS)
◎コメント:指数は平凡。道中の追走にも汲々としており、良血とはいえ過信は禁物。

【土曜中山11R 紫苑S(G3)】
★パッシングスルー(牝 2016 父ルーラーシップ 母父クロフネ)
◎成績:[3.0.0.2]~紫苑S(G3)
◎牝系:FNo.8-h(極軽系)~母マイティースルー、近親Over All(スピナウェイS)、For All We Know(レイヴンランS)、Repletion(クイーンズカウンティH)、Necessary Evil(ハリウッドJCSS)、Mighty Caroline(ソレントS)、Sergei Prokofiev(コーンウォリスS)、スルーレート(フラワーC2着)、ブルミラコロ(サマーチャンピオン2着)、ハクサンルドルフ(エプソムC2着)、ハイアーレート(札幌2歳S3着)
◎コメント:指数は上々。普段より道中の反応が悪く、仕掛けて走らせた反動が心配。

【日曜阪神11R セントウルS(G2)】
★タワーオブロンドン(牡 2015 父Raven's Pass 母父Dalakhani)
◎成績:[6.3.2.2]~京王杯2歳S(G2)、京王杯SC(G2)、セントウルS(G2)、アーリントンC(G3)
◎牝系:FNo.4-n(バランス系)~母スノーパイン、近親ジェネラス(英愛ダービー、キングジョージ)、Imagine(愛1000ギニー、英オークス)、ディーマジェスティ(皐月賞)、Horatio Nelson(ジャンリュックラガルデール賞)、Moonlight Cloud(モーリスドゲスト賞)、Sobetsu(サンタラリ賞)、オースミタイクーン(マイラーズC)、マチカネオーラ(中京記念)、マチカネメニモミヨ(大阪城S)、セイクレットレーヴ(クロッカスS)
◎コメント:指数はボチボチ。相手に恵まれて楽勝も、更なる上積みは疑問。

【日曜中山11R 京成杯AH(G3)】
★トロワゼトワル(牝 2015 父ロードカナロア 母父ハーツクライ)
◎成績:[5.4.0.5]~京成杯AH(G3)
◎牝系:FNo.8-c(極軽系)~母セコンドピアット、近親Thunder Blitz(フラミンゴS)、エービーヌードル(イエルバブエナBCH)、Grey Moon(カルロスバルデスイスキエルド賞)
◎コメント:高指数。軽馬場で|スピード|の違いをフルに。



【注目レース勝ち馬の牝系解説とは】
先週行われたレースの中から、注目度の高いレースをピックアップし、牝系を解説します。
牝系とは母方の血統のことで、19世紀にブルース・ロウが考案したファミリーナンバーを元に、高柳氏が「地力系」「バランス系」「極軽系」に三分類。勝ち馬がどの系統に分類されるかでレース傾向を探ります。
さらに勝ち馬の近親馬を列記することで、その牝系の特色をつかむことができます。
また「高柳式スピード指数」によるレースレベルの評価も記載してしていますので、ぜひ参考にしてください。

競馬予想GPにはWeb版とアプリ版がございます。

▽Web版はこちらから

※現行サイトではNET CASHのみの取り扱いとなります。


新サイトはこちら

※新サイトでは従来のNET CASHに加え、BitCashやクレジットカードもご利用いただけます。

▼アプリ版のダウンロードはこちらから

iPhone

Android