高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(19/6/8.9)


【土曜阪神11R 天保山S】
★ヴェンジェンス(牡 2013 父カジノドライヴ 母父スペシャルウィーク)
◎成績:[6.6.3.7]
◎牝系:FNo.1-w(地力系)~母スペシャルクイン、近親トウショウレオ(小倉大賞典連覇)、フロンテアクイーン(中山牝馬S)、グロリアトウショウ(淀短S)、トップコーリング(牛若丸JS)、ヴェンジェンス(ポラリスS)、フーガ(王冠賞)、マルヨバナーヌ(ライデンリーダー記念)
◎コメント:指数は平凡。流れに乗れたのは収穫で、重賞でも相手なりに。

【土曜東京11R 多摩川S】
★ファストアプローチ(セ 2015 父Dawn Approach 母父Marju)
◎成績:[3.3.0.7]
◎牝系:FNo.20-c(極軽系)~母ジョコンダ、近親Classic Cliche(英セントレジャー)、My Emma(ヨークシャーオークス)、Lightening Pearl(チェヴァリーパークS)、サトノクラウン(宝塚記念、香港ヴァーズ)、Mutinyonthebounty(ロイヤルロッジS)、Mizzou(サガロS)、Lightening Quick(アサージS)
◎コメント:指数はボチボチ。ハナ切ったのが全て。

【日曜東京11R エプソムC(G3)】
★レイエンダ(牡 2015 父キングカメハメハ 母父シンボリクリスエス)
◎成績:[4.1.0.3]
◎牝系:FNo.2-f(極軽系)~母ラドラーダ、兄弟レイデオロ(ダービー)、ティソーナ(マーガレットS)、近親ディープインパクト(皐月賞、ダービー、菊花賞、春天、宝塚記念、JC、有馬記念)、ウインドインハーヘア(アラルポカル)、ウインクリューガー(NHKマイルC)、ゴルトブリッツ(帝王賞)、ブラックタイド(スプリングS)、Jeremy(サンダウンマイル)、ソリッドプラチナム(マーメイドS)、ロジクライ(シンザン記念)
◎コメント:指数はイマイチ。極軽牝系で渋い馬場は不向きも、ドスローの番手なら。

【日曜阪神11R マーメイドS(G3)】
★サラス(牝 2015 父オルフェーヴル 母父Tapit)
◎成績:[4.1.3.4]
◎牝系:FNo.4-r(バランス系)~母ララア(ハリウッドスターレットS)、兄弟セラピア、近親Siphonic(ハリウッドフューチュリティ)、Dixie Dot Com(サンフェルナンドS)
◎コメント:指数は水準。51キロの極軽ハンデと、ラスト1f12.8の消耗戦で殿一気が嵌った。



【注目レース勝ち馬の牝系解説とは】
先週行われたレースの中から、注目度の高いレースをピックアップし、牝系を解説します。
牝系とは母方の血統のことで、19世紀にブルース・ロウが考案したファミリーナンバーを元に、高柳氏が「地力系」「バランス系」「極軽系」に三分類。勝ち馬がどの系統に分類されるかでレース傾向を探ります。
さらに勝ち馬の近親馬を列記することで、その牝系の特色をつかむことができます。
また「高柳式スピード指数」によるレースレベルの評価も記載してしていますので、ぜひ参考にしてください。

競馬予想GPにはWeb版とアプリ版がございます。

▽Web版はこちらから

※現行サイトではNET CASHのみの取り扱いとなります。


新サイトはこちら

※新サイトでは従来のNET CASHに加え、BitCashやクレジットカードもご利用いただけます。

▼アプリ版のダウンロードはこちらから

iPhone

Android