高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説」(18/11/3.4)


【土曜東京11R 京王杯2歳S(G2)】
★ファンタジスト(牡 2016 父ロードカナロア 母父ディープインパクト)
◎成績:[3.0.0.0]~京王杯2歳S(G2)、小倉2歳S(G3)
◎牝系:FNo.16-g(地力系)~母ディープインアスク、近親Salse(フォレ賞)、Frosted(ウッドメモリアルS)、Midshipman(BCジュヴェナイル)、Fleet Lady(エルエンシノS)、Fast Cookie(コティリオンH)、Running Tall(サイアーズプロデュースS)、Indulgent(ゴーフォーワンドH)
◎コメント:指数は平凡。直線だけの瞬発力勝負で、極軽系の2着馬に競り勝ったのは評価できる。

【土曜京都11R ファンタジーS(G3)】
★ダノンファンタジー(牝 2016 父ディープインパクト 母父ライフフォーセール)
◎成績:[2.1.0.0]~ファンタジーS(G3)
◎牝系:FNo.7-a(地力系)~母ライフフォーセール(セレクシオンデポトランカス大賞)、Bretagne(サンパウロ大賞)、Dimane(ジアナ大賞)、Vacilacao(ホベルト&ネウソングリマウジセアブラ大賞)、Nitido(ジュリアーノマルティンス大賞)、La Francaise(カシアス公爵大賞)、Ilsanpietro(ジェットステイヤーズ)、Tche Barbaridade(アンテノールララカンポス大賞)
◎コメント:指数はまずまず。スローで勝ったが、地力系だけにタフな競馬なら更に持ち味が活きる。

【日曜京都10R JBCスプリント(JpnI)】
★グレイスフルリープ(牡 2010 父ゴールドアリュール 母父Seeking the Gold)
◎成績:[12.8.3.21]~JBCスプリント(JpnI)、サマーチャンピオン(JpnIII)、兵庫ゴールドT(JpnIII)、東京スプリント(JpnIII)
◎牝系:FNo.1-n(地力系)~母ラビットフット、スイートリベンジ(アルシバイアディーズS)、Gold Away(ミュゲ賞)、Silent Name(アーケイディアH)、Blushing Gleam(カルヴァドス賞)、ダンジグアウェー(パース賞)、Foss Way(ソラリオS)、イイデタイショウ(仁川S)
◎コメント:指数は上々。内有利なコース状態で、2着馬をビコーしてチョイ差しの理想的な競馬に。

【日曜京都11R JBCクラシック(JpnI)】
★ケイティブレイブ(牡 2013 父アドマイヤマックス 母父サクラローレル)
◎成績:[11.7.5.8]~帝王賞(JpnI)、川崎記念(JpnI)、JBCクラシック(JpnI)、兵庫CS(JpnII)、浦和記念(JpnII)、ダイオライト記念(JpnII)、日本テレビ盃(JpnII)、白山大賞典(JpnIII)、名古屋大賞典(JpnIII)
◎牝系:FNo.1-x(地力系)~母ケイティローレル、近親ビーマイナカヤマ(かしわ記念)、マイネルブルック(きさらぎ賞)、ケイティラブ(アイビスSD)、マイネルフォーグ(京王杯2歳S2着)
◎コメント:指数はまずまず。上がりを要する消耗戦になり、地方交流重賞と同様に地力を使い切れた。




【注目レース勝ち馬の牝系解説とは】
先週行われたレースの中から、注目度の高いレースをピックアップし、牝系を解説します。
牝系とは母方の血統のことで、19世紀にブルース・ロウが考案したファミリーナンバーを元に、高柳氏が「地力系」「バランス系」「極軽系」に三分類。勝ち馬がどの系統に分類されるかでレース傾向を探ります。
さらに勝ち馬の近親馬を列記することで、その牝系の特色をつかむことができます。
また「高柳式スピード指数」によるレースレベルの評価も記載してしていますので、ぜひ参考にしてください。

競馬予想GPにはWeb版とアプリ版がございます。

▽Web版はこちらから

※現行サイトではNET CASHのみの取り扱いとなります。


新サイトはこちら

※新サイトでは従来のNET CASHに加え、BitCashやクレジットカードもご利用いただけます。

▼アプリ版のダウンロードはこちらから

iPhone

Android