◆高柳誠二の「注目レース勝ち馬の牝系解説 (18/2/10-13)

【土曜京都11R 洛陽S】
★サトノアーサー(牡 2014 父ディープインパクト 母父Redoute's Choice)
◎成績:[3.3.1.2]
◎牝系:FNo.4-m(バランス系)~母キングスローズ(新1000ギニー)、近親Anabandana(オークランドダイアモンドS)、Wixim(サンダウンマイル)、Candarliya(ロワイヤリュー賞)、Hardham(アリスタークラークS)、バーシュー(ロワイヨモン賞)、Run Softly(ヴォランテH)、Soneva(オマール賞)、Hessonite(ボーゲイS)、The Blue Eye(エミレーツT)
◎コメント:指数はイマイチ。不得手な道悪もムーアJの力で克服。

【日曜京都11R 京都記念(G2)】
★クリンチャー(牡 2014 父ディープスカイ 母父ブライアンズタイム)
◎成績:[3.1.0.4]~京都記念(G2)
◎牝系:FNo.1-k(地力系)~母ザフェイツ、兄弟ワキノブレイブ(シルクロードS3着)、近親ハービンジャー(キングジョージ)、Kind of Hush(プリンスオブウェールズS)、Dusty Dollar(サンチャリオットS)、ミスイロンデル(兵庫JGP)、Sauceboat(チャイルドS)、フロンタルアタック(神戸新聞杯2着)、ヴァリヤンツリ(黒潮ジュニアCS)
◎コメント:指数は水準。道悪を利して、牝系の地力をフル活用。

【日曜東京11R 共同通信杯(G3)】
★オウケンムーン(牡 2015 父オウケンブルースリ 母父エリシオ)
◎成績:[3.0.0.1]~共同通信杯(G3)
◎牝系:FNo.5-g(地力系)~母ムーンフェイズ(フローラS3着)、近親Royal Abjar(独2000ギニー)、タガノマイバッハ(大阪杯)、Win Willy(レベルS)、トキオエクセレント(青葉賞)、コスモシンドラー(阪急杯2着)
◎コメント:指数はボチボチ。先団直後でスムーズに折り合って着差以上の快勝。

【月曜東京11R クイーンC(G3)】
★テトラドラクマ(牝 2015 父ルーラーシップ 母父ファルブラヴ)
◎成績:[2.1.0.2]~クイーンC(G3)
◎牝系:FNo.17-b(バランス系)~母リビングプルーフ、近親シーキングザパール(NHKマイルC、モーリスドゲスト賞)、シーキングザダイヤ(NZT)
◎コメント:指数は上々。父&牝系的にワンペースな走りで、先行策が奏功。



【注目レース勝ち馬の牝系解説とは】
先週行われたレースの中から、注目度の高いレースをピックアップし、牝系を解説します。
牝系とは母方の血統のことで、19世紀にブルース・ロウが考案したファミリーナンバーを元に、高柳氏が「地力系」「バランス系」「極軽系」に三分類。勝ち馬がどの系統に分類されるかでレース傾向を探ります。
さらに勝ち馬の近親馬を列記することで、その牝系の特色をつかむことができます。
また「高柳式スピード指数」によるレースレベルの評価も記載してしていますので、ぜひ参考にしてください。

競馬予想GPにはWeb版とアプリ版がございます。

▽Web版はこちらから

※現行サイトではNET CASHのみの取り扱いとなります。


新サイトはこちら

※新サイトでは従来のNET CASHに加え、BitCashやクレジットカードもご利用いただけます。

▼アプリ版のダウンロードはこちらから

iPhone

Android