ラインベックはここでも通用するか?




皆さんこんちゃ!





さつまです!



今週の日曜日には新潟メインでレパードS、札幌メインでエルムSとダート重賞が2つありますね!



今週のさつまの重賞ステップでは新潟で行われるレパードSにスポットを当ててお話をしようと思っていますので、よろしくお願いします!!



では早速ですが、レパードSの分析をスタートしましょうか!






このレパードSなんですけど、出走が確定していたタイガーインディ、デュードヴァン、ブランクチェック、ミヤジコクオウ、ライトウォーリア、ラインベックの6頭に加えて、22頭の中から抽選で9頭が出走というかなりの狭い門となっていたので、抽選に漏れてしまった馬達は少し残念ですね。



個人的にも狙っていた穴馬なんかもいたので、やはり3歳限定のダート重賞は番組をもう1つ2つくらいなら、増やしても分散くらいで済むんじゃないかなと思ってしまいました。


ここ増やし過ぎてもメンバー薄くなってしまって、面白味に欠けるので難しい所ではあるのですけどね。苦笑




さて、そんなレパードSですが、人気を集めるのはユニコーンSで出遅れながらもカフェファラオに続く2着を確保したデュードヴァンになりそうですね。






デュードヴァン



オッズ的には前走ユニコーンSでのカフェファラオ扱いレベルになりそうですが、やはりスピードの絶対値と追走力が頭1つ抜けてる印象はありますので、止まらずに前残りのような流れにならない限りは上位争いはしてくるかなと思っておいた方がいいかなと。




加藤師×川田さんの組み合わせは今年の成績だけでみても非常に優秀ですし(勝率37%)デュードヴァン自体の走力に関しても陣営のお墨付きがあるのも頷けます。



アーリントンカップでの敗戦はありますが、ダート戦だけでみると成績は3-1-0-0と安定してますし、ポイントとなる新潟コースのコーナー4つも難なくこなしてくるんじゃないかなとは感じます。



さすがに抜けたオッズですので、妙味自体は少ないかもしれませんが、砂を被っても走れる強みもあるので、人気×人気の組み合わせをオッズフィルターにかけて除くのはありですけど、基本的には相手には少なくとも入れておくべきだと思いますかね。




ラインベック



前走はまさかのダート替わりで驚かされましたが、終わってみれば古馬相手に難なく勝ってみせた所はさすがのポテンシャルの高さかなと思いました。



ただ、ここに関してはメンバーレベルは平凡な所でしたし、2着に同じ3歳馬のミステリオーソが0.2差で入ってる事からも、斤量も2キロ増えるのと、メンバーレベルがガラッと変わるここが真価を問われるのかなと思います。



前走に関しての分析をしてみますと、好スタートから逃げる形でそのまま後続を振り切った事からもダート適性が◎だったって印象ではなくて、普通に走力の高さでそのまま行ってしまったかなぁと。



この辺も踏まえて考えてみると、ダートは走れるけど、ダートがベストって点に関してはもう1.2戦は見ておきたいですね。



僕の個人的な考えではありますが、元々良血馬で人気のするタイプが前走ダート替わりであっさり勝った後に横の比較が変わるここで人気をするとなると、どうしても1番手で狙いたいなとはいかないです。

元々ピッチ走法なのでダートが合わないってことは無いとは思うって所は補足しておきますね。

スタミナもあるので、溜める競馬よりも前走のようにペースを作って粘り込む形の方が持ち味は生きてきそうですかね。



更にラインベックの場合は前走の西脇特別(2勝クラス)では逃げショックも使っていますので、相手に入れるにしても薄めでの扱いにしたいかなと思ってます。



まぁ、飛んでくれた方が僕の構想的には良いかなってタイプの人気馬ですかね。


なので、この2頭の評価に関してはデュードヴァンを上に取りたいと考えています。

まぁ、人気馬ではありますが、条件変化と乗り替わりもありますし、その辺は不安要素になりますので、まだ分析はしていきたいところですね。




デュードヴァンの最終追い切りは馬なりで最後まで集中力を切らさずに走れていましたし、以前よりも更に磨きが掛かってるかなと。


短期放牧を挟んだ点も良かったですし、ここに向けての調整に関しては問題なさそうですかね。




ラインベックに関しても坂路を馬なりで54.5-12.3(54.5-39.4-25.4-12.3)と加速ラップを踏めておりますし、やはり芝の重賞にチャレンジしていたこともあり、走力的には通用しそうな立ち位置ですかね。

買い目入りの予想はこちらから!レース前日の夜に配信!



ミヤジコクオウはやや調子落ち?





バンクオブクラウズ



前走は1番人気に推されての2勝クラス戦でしたが、直線入口で進路が少し狭まる不利もありましたし、元々ギアチェンジがそこまで上手く無いので、負けパターンにハマってしまったかなとは思います。



大幅な能力差って感じではないので、ここに入って一気に人気を落とすなら相手候補くらいには確保しておきたいかなと思っているので、この馬は個人的には注目しておきたいです。




ミヤジコクオウ


前走はジャパンDDに出走して5着と敗れたものの、ここは格上挑戦としてのポジションだったことを考えると及第点かなとは思います。


ただ、夏場に入ってから少し元気が無いように思えますし、僕の立場で全てわかる訳ではないですが、そこも含めて調べ尽くすのも醍醐味な事でもありますので。


陣営のコメントや色んな所から情報を引っ張っているのですが、以前ほど中間の動きに迫力はないと思うので、反動も含める所まで考えると現状の想定オッズは過剰人気気味かなと思います。

デュードヴァンを切りにくい所まで考えると、僕はここを落とすかもしれませんね。




ライトウォーリア


2走前に見せた絡まれた時の脆さは弱点になり得るのですが、スムーズにいけた時はやはり怖い存在ですかね。


テンも速い方ですので、緩い流れでマイペースに脚を消耗させなければ最後までいけそうなタイプですが、前にいきたい馬も揃うダート重賞ですので、横の比較が平均以上の時はパフォーマンスが下がる可能性の方が高そうな気がします。


鞍上も重賞では壁に跳ね返されてる感もあるので、ここは印いれても△までかなくらいです。


まぁ、切る可能性の方が高いといった感じですかね。




今週は注目している馬と人気馬の所をおさらいしてみました!



今週はデータ部分に付いては触れていませんが、僕は元々データ派ではないですけど、まぁその辺は割りとデフォルトのように見るようにはしてるので、皆さんもJRAのサイトみれば最低限の所は見れるかなって思ったので、省略させて頂きました。笑




1人で調べる(予想)のは限界がありますけど、1つのファクターだけではなくて、多角的に見た方がやはり精度は上がる可能性が高まるので、僕が馬に優劣付けた文章も参考程度にしつつ、自分のファクターでの加点、減点も踏まえながら活かして貰えると嬉しいです。




今週も最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございます!



尚、コチラでのご報告になりますが、来週のさつまの重賞ステップはお休みさせて頂きますので、よろしくお願い致します。





それでは今週も皆さんの馬券が当たりますように祈っております!









Good Luck




さつま


さつまはここからいったいどんな本命にたどり着き、そしてどんな買い目を導き出すのか!?
当日の予想はこちらから!


プロフィール


さつま

2018年にプロデビュー。2019年2月から2月から8月まで全1746レースに参戦してプラス収支を記録!
2019年のケンタッキーダービーでは1千万馬券を的中というアメリカンドリームを手にした!

2019年秋より競馬予想GPに参戦し、デビューから9週連続万馬券的中の記録を樹立。
年間トータルでもプラス収支と大活躍中!

Twitter:@sweet777potato


競馬予想GPトップページへ