倉本匠馬「重賞展望」マイラーズC



こんばんは!
倉本匠馬です!

今週はG1が1週間の中休みとなりますが、マイラーズCだけでなくオークスやヴィクトリアマイルに向けて重要になるフローラSや福島牝馬Sが行われます。
どのレースも混戦が予想され、馬券的に面白い一戦となりそうです。

そして、今回はマイラーズCから8頭にピックアップし、現時点での評価付きで取り上げています。
また、木曜日には特別コラムを更新する予定ですので、よろしくお願いします。

@マイラーズC当日の想定馬場
→重馬場

A現時点における想定ペース
→スローペース

1.イスラボニータ(ルメール騎手)
斤量:57キロ

前走の阪神Cは出遅れと斤量57キロの中における2着で、早目に動く競馬での好走を考えると非常に高い評価を与えることが出来るレースであった。
また、昨年のマイルCSで2着に健闘しているように京都のマイルへの適性も問題なさそうで、重賞級のメンバー相手だと下手な競馬はできない。
ただし、4ヶ月の休養明けと斤量57キロの厳しい条件であるのは確かなので、最終追い切りなど含めて体調面には気をつけたいところだ。

現時点での評価
C

2.エアスピネル(武豊騎手)
斤量:56キロ

前走の東京新聞杯は斤量57キロと極端なスローペースに泣かされる競馬で、決して悲観するような内容ではなかった。
また、今回は2ヶ月半の休み明けにおけるレースも、斤量56キロと2走前や2歳時に重賞制覇を果たしている舞台であれば負けられない。
ゆえに、イスラボニータ同様に本命最有力候補の1頭で、枠や展開、開幕週の馬場状態をよく見極めた上で最終的な評価を決めたい。

現時点での評価
C

3.クルーガー(松山騎手)
斤量:57キロ

前走のマイラーズCは内枠を最大限に生かす競馬も、ダノンシャークに競り勝つ勝利で一定の価値のあるレースであった。
ただ、今回は膝の骨折明けによるレースで、一年のブランクがあることを考えると相当厳しい戦いが強いられそうである。
さらに、斤量57キロでの出走になるので、やはりここは相手候補の1頭までとしておきたい。

現時点での評価
D

4.ダッシングブレイズ(浜中騎手)
斤量:56キロ

前走の洛陽Sはロスなく運ぶ競馬も、久々での走りを考えると悪くない勝利であった。
しかし、昨年の京王杯SCや中京記念の内容を見てもメンバーが揃った重賞ではややパンチ不足の印象で、2ヶ月半の休養明けも気になる要素の一つである。
上記のことを踏まえると、ここは人気以上に厳しいレースとなりそうで、現時点では無印評価の予定である。

現時点での評価
E

5.フィエロ(福永騎手)
斤量:56キロ

前走の高松宮記念は内枠がプラスに働く競馬も、極端な不良馬場を考えると適性の部分が大きく出るレースであった。
また、京都金杯や阪神Cで3着の実績があるように、メンバーが揃った重賞でも馬券に絡む力があることは間違いない。
したがって、相手候補の1頭には必ず取り上げたい馬で、今回に関しても掲示板レベルの着順となりそうだ。

現時点での評価
D

6.ブラックスピネル(Mデムーロ騎手)
斤量:56キロ

前走の東京新聞杯は極端なスローペースや馬場状態、全てが噛み合う勝利で、ここ2走は恵まれた競馬が続いている。
また、今回はイスラボニータなどの参戦でメンバーレベルが更に上がっており、G1路線で通用するパンチ力は現時点においてはない。
ゆえに、過剰人気が予想されるものの、開幕週の馬場や枠順次第では馬券から外れる可能性もありそうだ。

現時点での評価
D

7.プロディガルサン(川田騎手)
斤量:56キロ

前走の金鯱賞は得意な条件が揃わず7着に敗れたが、内容自体は上々のレース運びであった。
また、2走前の東京新聞杯ではブラックスピネルやエアスピネルを追い詰める競馬をしており、叩き3走目で更なる上積みも見込める。
ただし、不安要素として挙げられる点は、乗り慣れた田辺騎手からの乗り替わりとゲート難なので、そういった部分を考慮しても今回は相手上位候補の1頭の予定である。

現時点での評価
D

8.ヤングマンパワー(松岡騎手)
斤量:56キロ

前走の東京新聞杯は休み明けと斤量57キロでの6着で、力負けによる敗戦とは言い難い結果であった。
ただ、好走には一定の条件が必要な馬で、京都の開幕週における高速馬場への対応にも注目が集まるところである。
とは言っても、乗り慣れた松岡騎手に戻り前走同様に先行勢が少ないメンバー構成なので、もちろん馬券に絡むチャンスはありそうだ。

現時点での評価
D

今回も人気に支持されそうな馬を中心に8頭ピックアップした。
基本的にはイスラボニータエアスピネル中心のレースとなりそうで、頭数を考えると波乱の可能性は低いと言える。
ただ、開幕週と雨が残る馬場状態におけるレースの可能性もあるので、土曜日のレースを注視した上で最終的な予想を組み立てたい。
マイラーズCの予想は『主戦場後半レース』、『自信の4レース+重賞レース』で公開しますので、よろしくお願いします。



競馬予想グランプリTOPへ