倉本匠馬『オークス・Vポジション』


こんばんは!
倉本匠馬です!

オークスのVポジションとなります。
よろしくお願いします。

@オークス展開予想
逃げ馬:ヤマカツグレース
ペース:スローペース

先週からBコースに替わったが、雨の影響もあって外が伸びる印象。ただ、今週は雨が全く降らず良馬場におけるレースとなりそうなので、土曜日の芝の傾向には注視する必要がありそうだ。

また、今回は2400mに距離延長のせいで桜花賞の先行勢が全て抜けてしまったため、オークスは典型的な逃げ馬不在のメンバー構成。唯一逃げる可能性があるのがヤマカツグレースで、この馬の単騎逃げとなりそうだ。したがって、今年は【スローペース濃厚】と見て間違いないだろう。
ヨーイドンの瞬発力が求められるので、意外と距離に不安がある馬も対応可能な展開になるはずだ。

 

AVポジション

上記の展開予想に加えて、昨年の傾向や先週のレースから見た馬場状態を考慮し、Vポジションを導き出したい。
展開や馬場、コース、メンバーを考慮すると下記がVポジションとなるはずだ。

東京2400m・Vポジション

今年のオークスは【逃げ馬とロスなく運ぶ先行馬、中団前目を追走する差し馬】である。


 

BVポジション対象馬

今年のオークスにおける対象馬は、
⑮ヤマカツグレース
②ソウルスターリング
①モズカッチャン
⑬レーヌミノル

の計4頭である。

昨年は外からシンハライトが差し切り、差し馬にもチャンスがあるレースとなったが、今年は意外と前と内目が残りそう。
その根拠として、先週のレースでは特に直線で内を空ける騎手が増えており、外を回る馬が非常に距離の面で不利を受けてしまう点、また極端なスローペースとなってしまった場合、直線一気で差し切るほどの抜けた馬がいないことが挙げられる。
そういった点を考えると、ロスなく運ぶソウルスターリングとモズカッチャンは上位評価。また、レーヌミノルに関しても距離に一抹の不安があるものの、ポジションは絶好。桜花賞のような競馬ができれば怖い存在になる。

そして、今回最も注目しているのは、【ヤマカツグレース】である。

前走のフローラSではやや物足りなさはあったが決して侮れない。単騎逃げ濃厚のメンバーで横山典騎手、また2400mへの距離延長は大幅プラスで、上手く後続を離して逃げる形となれば簡単には止まらない。ここは要注目の1頭として必ず覚えておいておきたいところだ。

今週の平安ステークスや更に深い展開予想・土曜日の馬場状態を含めた上でのVポジション、オークス最終予想は『倉本匠馬の馬券に丸乗り!後半レース予想』と『自信の4レース+重賞レース予想』で公開しますので、お楽しみに。

前日の夜に重賞予想や芝ダート問わず全ての会場のVポジションを公開中!

■告知■
明日の平安ステークスは二桁人気確実の馬から高配当を狙っています!
また、自信度穴☆☆☆などの自信度の高い穴レースや高配当が狙える予想が勢揃い!
先週の三連複65910円的中や京王杯スプリングCで◎クラレントで三連複29390円的中の勢いで今週も頑張りますので、よろしくお願いします。



競馬予想グランプリTOPへ