倉本匠馬の先週のレース回顧
(4/15~4/16)


こんばんは!
倉本匠馬です!

皐月賞回顧となります。
日本ダービーに向けて参考になるかと思いますので、対談含めてよろしくお願いします。

《皐月賞》
ペース:ミドルペース
1000m:59.0 勝ち時計:1.57.8
馬場:外伸び傾向


~上位馬評価~
1着【アルアイン】
→中団やや前の外目におけるレース運びでVポジションからの競馬。
シンザン記念こそ不利の影響で敗れたが、その他は全て勝利し底を見せていない。
ダービーに向けて距離に不安があるものの、マイル〜中距離路線では今後も要注意。

2着『ペルシアンナイト』
→向こう正面で開いた内のスペースからポジション上昇し、直線では内を突く競馬。
アイビーSでソウルスターリングの2着であるように、レベルの低い牡馬路線であれば今後も力上位。
ハービンジャー産駒でポジション取りに不安があることを除けば今後も期待できるはずで、NHKマイル出走ならば再度馬券圏内に。

3着《ダンビュライト》
→何度も弱点があると回顧にて書いてきたが、揉まれ弱い馬で力を出せばこれぐらい走れる馬。
ただ、好走には条件が必要なので今後は苦戦しそうなタイプ。
力云々より外を回す騎手が騎乗するタイミングで買いたい馬だ。


~注目馬~
[ファンディーナ]
→初めて揉まれる競馬で、正直言って力負けとは言い難い結果に。
外枠からスンナリ競馬できるレース運びならば、次走以降で力強さを発揮出来そう、

[レイデオロ]
→4ヶ月の休み明けや内枠の厳しい条件の中で好走した、収穫のある内容。
もちろんダービーを意識した乗り方で距離にも不安がないことが分かった以上、叩いた本番では要注意だ。


~総評~
ファンディーナは戦前の不安要素が全て出た印象で、結果として力負けとは言い難いレースであった。
やはり、今回最も光ったのはレイデオロ。
アルアインやダンビュライトが恵まれた競馬での好走で、ダービーでは信頼しづらい。
そういった状況を考えると、ペルシアンナイトはNHKマイルCで。
レイデオロをダービーで狙うのがベストと言えるだろう。
ファンディーナは2400mに一抹の不安がある。

競馬予想グランプリTOPへ