ローズSの有力馬診断の総まとめ(後編)


※印は[★激走候補~△やや有力~▽やや軽視~―無印」を表します

▽フィニフティ牝3福永54藤原英(栗東)
当初は紫苑Sから始動予定が、急遽ローズSへスライド出走。それの最たる理由としては、当初ローズS出走予定だった同厩レッドサクヤの故障で、使い分けをする必要性が消えたからでしょう。
ネガティブなスライドではありませんが、別にポジティブなスライドでもありません。
言うなれば藤原英厩舎の第一馬はレッドサクヤだったから、フィニフティは紫苑Sに回されていたワケでもあります(フィニフティの何馬身か前にレッドサクヤがいる)。


△ゴージャスランチ牝3横山典54鹿戸雄(美浦)
まずは先週紫苑Sの予想文抜粋を参照↓
『現に3歳牝馬で古馬混合1000万下(芝中距離)を勝ち上がったのはミッキーチャーム・ミュージアムヒルの2頭だけで、連対圏まで手を広げても僅か4頭しか居ません。つまりは、3歳牡馬と違って二線級馬のレベルが怪しくて、そして一線級馬(桜花賞・オークス好走馬)も続々脱落という状況が今です・・・結論は、その3歳牝馬二線級馬でトップを走っているミュージアムヒルを、前々走で下しているランドネを狙いたいです。』
・・・
コノ馬は春(前々走)にそのランドネ・ミュージアムヒルと互角の走りをしていた馬です。
脚質が不安定ならがも、ここまで全7戦全て好走しているのは地力の証とも言えるでしょう。
そのランドネが紫苑Sで3着に終わったコトからも、オークス組に対しては分が良いとは言えませんが…楽しみは無きにしも非ずの一頭と見ます。

距離千四デビューながら、鞍上進言もあって距離を延ばして良さが出ている近況。
気性的な難しさはありつつも本質的にはもう少し距離があった方が良さそうではあります。


★サトノワルキューレ牝3Mデムー54中竹(栗東)
先週紫苑Sで軒並み走ったのはやはりオークス組でした…大した上がり馬も出てきていない現況ならば、桜花賞とほぼ同一入線結果となったオークス組の牙城は相当堅いと言えるはずです。その上位馬は戦線離脱馬多数ですが、それらが抜かれた中位馬でも十分威張れるのでしょう。
コノ馬はそんなオークス中位馬ですが、本来ならば上位入線馬であってもおかしくない馬でした。というのも、厳しいローテの面などあって馬に余力無いオークス参戦となっていたからか、直線ラスト1Fからはヤラズ気味の騎乗でしたので。
もしも最後まで走り切らせていれば上位に更に肉薄できたでしょうし、またオークス目標に態勢を整えられていればと同様のタラレバも言えます。
つまりは、ココでは一頭抜きんでた実績馬と見られますし、休み明け初戦ローテならば前走の二の舞もないでしょう。
ただし…現時点でも秋華賞に向けての賞金獲得済みであり有力馬でしょうから…どこまでローズSで本気を出してくるのかは多少考えなければならない点です。


▽スカーレットカラー牝3岩田54高橋亮(栗東)
年始中山金杯の有力馬診断で『実は古馬OP好走実績は0例…既に社台スタリオンから放出の失敗烙印ヴィクトワールピサ産駒(古馬になり再浮上は困難アウトライアーズ)』をテーマにしましたが、本年2歳馬はヴィクトワールピサの当たり年と言える様な活躍傾向が認められますが、それもあくまでも2歳早期であるからとも言えるはずで。
そういう成長力欠くというか、主に精神的に好走できる状況を維持するのが難しい血統だけに…少しリズムを崩しかけていた3歳春から秋初戦での期待となると果たしてどうでしょうか。


★サラキア牝3池添54池添学(栗東)
まずは4走前重賞4着後の回顧文を参照↓
『スタートの出遅れさえ無ければという競馬だったが、コノ馬の場合には現時点ではその前提はほぼ成立しない。
スタート下手は入厩時点からの話で、ゲート試験合格までに時間が掛かっていましたし、今でも馬の精神的に負担にもなり得るゲート練習は避けつつという先を見据えた調整過程がされています。
馬体重維持も鍵ですし、ゲートには匙を投げられていますし…恐らく陣営としても春時点での一線級挑戦については駄目元でしょう・・・逆に言えばこれだけゆとり調整されている中でのデビュー2戦目重賞4着は並の話ではありませんので伸びしろ秘める大器と見たいです…秋以降に期待。』
・・・
3走前重賞でも出負けで、それでいて最内枠と序盤隊列不運あって必要以上に位置取りを下げる追走となり、更には直線では捌ききれずという不完全燃焼4着に。
2走前は出負けも好位追走から好走、前走は出負けから捲り競馬で完勝。
出遅れは覚悟しなければならないですが、必ずしも後方一辺倒の脚質は脱却していますし、また差し追い込み脚質が全く不利ではないのがローズSです。
前走での馬体重10キロ増も好感で、馬体重維持でココに臨めるならば好勝負でしょう。


━━━(前編)はこちらに掲載しています。


こちらもHレベル1000万下クラスでの好走実績馬多数!
セントライト記念の有力馬診断はこちら!



考えるヒントの平日コンテンツが配信スタート!


これまで無料版の一重賞のみだった「有力馬診断」の第二重賞版が、ファンの期待に応えいよいよ配信開始!
どのレースがレベルが高かったのか、馬一頭一頭の好走パターン、関係者のコメントから読み取れること、など。
普段なかなか気が付かないことに、考えるヒントは気づかせてくれるだろう。


■第二重賞の有力馬診断(平日コンテンツ)
500円(税込)
通常月曜夜に配信
※番組の関係上重賞でない場合もございます。


購読はこちら


プロフィール


キムラヨウヘイ


キムラ ヨウヘイ(考えるヒント/常勝競馬)

09年より予想活動をスタート、11年からはブログ【考えるヒント(常勝競馬)】を本格始動。
その圧倒的な洞察力とセンス溢れる爆穴予想で一躍注目を浴び、競馬ブログランキングでは常に上位に名を連ねている、若手予想家の人気筆頭格。
またレース以外の記事も持ち前の洞察力で深く切り込み、読者の好評を得ている。

15年には競馬誌【競馬王】5月号でメディア初登場。18年には【競馬予想TV】にも初出演を果たした。

現在発売中の「競馬王」9月号では、若きカリスマブロガーの一週間の過ごし方を大公開!
詳しく知りたい方はぜひご一読ください!



販売メニュー

考えるヒント完全予想(重賞OP予想+平場推奨馬)
980円(税込)

サンプルはこちら


予想は通常レース前日の夜以降にご覧いただけます。


競馬予想GPにはWeb版とアプリ版がございます。

▽Web版はこちらから

※現行サイトではNET CASHのみの取り扱いとなります。


新サイトはこちら

※新サイトでは従来のNET CASHに加え、BitCashやクレジットカードもご利用いただけます。

▼アプリ版のダウンロードはこちらから

iPhone

Android