阪神JFの有力馬診断の総まとめ(前編)


※印は[★激走候補~△やや有力~▽やや軽視~―無印」を表します

▽トーセンアンバー 牝2 横山和 54 美南 菊沢
前々走サフラン賞は内有利馬場のスローペース前残り展開で、それを最後方追い込み上がり最速好走結果はそれなりに評価できるモノ。当時も若手騎手騎乗で外枠スローペースで折り合い難の競馬で、それ以前も若手騎手と教育重視騎手起用で本領発揮とは言い難い面もあった。
前走京王杯2歳SではCデムーロ確保もあっての急遽の参戦で、本来は距離マイル以上路線を予定されていた経緯。結局距離1400でも折り合えないのならば距離短縮の意味は無くて、上がりは使えていたものの距離不足もあってどうにもならずの競馬。
割と素質ある方なので距離マイル超路線ならば面白いと思うのですが、今回の横山和J起用ではミラクルも期待薄で…この厩舎で本気ならば横山典J起用もできたはずだけに今回は様子見が妥当か。


―トーセンブレス 牝2 柴田善 54 美北 加藤征
前走アルテミスSでは新馬戦での派手な勝ち方と、鞍上ルメール起用もあってか1番人気に推された馬。
結果的には人気を裏切るコトになったワケだが、初戦の中山マイルでの後方一気競馬を見ても小回り向きの脚の使い方の馬に見えて、前走の東京コース外回しでは脚が続かない適性違いの敗戦に見えた…後者に近いだろう今回も大きな期待は難しい。


▽サウンドキアラ 牝2 池添 54 栗東 安達
母サウンドバリアーはフィリーズレビュー1着馬で、ただその後の桜花賞ではビリ負けを喫したという馬。
その母に限らず、この母系は短距離志向強い血統である。
コノ馬の前走新馬戦勝利は中々パフォーマンス高いモノだったが、やはり当時の内回り1400条件から今回のタフな阪神マイル条件への距離コース条件替わりを乗り越えるのは容易くはないはずで。


▽スカーレットカラー 牝2 太宰 54 栗東 高橋亮
前々走アルテミスSは休み明け初戦にも関わらず手控えた調教過程と、またレースでは掛かり気味の追走になっていながらの5着健闘で中々能力秘めた馬だと思った。
ただし、その後も中3週で使って勝ち切れず、もし出走となれば3連戦・中1週という結構厳しいローテとなってしまうのは、特に母父ウォーエンブレムの血と小柄で攻められない過程からは大きなマイナスポイントと言わざるを得ない。


▽ソシアルクラブ 牝2 福永 54 栗東 池添学
ソシアルクラブ以上の前評判だった全姉コロナシオンも新馬戦では圧巻勝利から、2戦目自己条件戦では断然人気を裏切る4着止まりでその後もパッとしない戦績を続けている…それを思うと新馬勝ちの時点での確信の評価は下せない。
また、新馬戦では怖がる形があったとの騎手談話で、それもキャリア2戦目でのタフG1挑戦では無視できぬ懸念材料に。


▽ラッキーライラック 牝2 石橋脩 54 栗東 松永幹
姉は高額取引馬で武豊主戦で注目を集めたラルク。
そのラルクは結果的には急失速して未だ条件クラス止まりになっているが、その一つの要因としては怖がりな気性面が出世を阻んでいる面もある…そして、その妹であるコノ馬も同じく怖がりな面がある話が出ている
初戦も前走アルテミスSでも中外枠から好位スンナリ先行競馬だから何の問題も表面上には出していないが、それはラルクが新馬戦逃げ切り圧勝したのと同じ話…レース振り次第では姉同様に一転苦しむ結果に陥っても何ら不思議ではなくて、まずは枠順発表に注目したい。


▽サヤカチャン 牝2 松岡 54 栗東 田所秀
種牡馬リーチザクラウンは産駒デビュー当初に新馬戦でのプチ快進撃で注目を集めたが、それら新馬戦活躍馬のその後や、その一時を過ぎると勢い急失速で、ブームはその一瞬だけだった。
それはリーチザクラウン産駒の気性の荒さから、初戦だったり早期に燃え尽きる様なパフォーマンスを出してしまう背景からで、故に二番が利かなかったり成長力を見せる産駒は少数派となっている。
現3歳馬で言えば出世頭はキョウヘイだが、それも難しい気性を極端な戦法によって走力へ転化している結果である。
サヤカチャンの前走アルテミスSでの渋化馬場・逃げ戦法激走というのは、そのキョウヘイの道悪追い込み戦法激走と通じるモノがある(逃げと追い込みは表裏一体)…また、コーディエライトの欄で書いた通りにこの時期の2歳重賞は逃げ馬が結構な確率で残るモノですし、それら自身と外野の状況が完璧に噛み合った故の激走とすればもう一丁の期待はどうだろうか。

━━━(後編)へ続く。

プロフィール


キムラヨウヘイ


キムラ ヨウヘイ(考えるヒント/常勝競馬)

09年より予想活動をスタート、11年からはブログ【考えるヒント(常勝競馬)】を本格始動。
その圧倒的な洞察力とセンス溢れる爆穴予想で一躍注目を浴び、競馬ブログランキングでは常に上位に名を連ねている、若手予想家の人気筆頭格。
15年には競馬誌【競馬王】5月号でメディア初登場。(現在連載中)


今年の菊花賞では◎ポポカテペトル→対抗クリンチャー(印2頭のみ)という予想で読者を驚かせた。


またレース以外の記事も持ち前の洞察力で深く切り込み、読者の好評を得ている。

12月8日発売の「競馬王」1月号の巻頭スペシャル企画に登場!
2017年回収率125%! 常勝男キムラヨウヘイが独自の手法を大公開!!


販売メニュー

考えるヒント完全予想(重賞OP予想+平場推奨馬)
1200円 → ただ今特別価格 980円!(税込)

サンプルはこちら


予想は通常レース前日の夜以降にご覧いただけます。


競馬予想GPにはWeb版とアプリ版がございます。

▽Web版はこちらから

※現行サイトではNET CASHのみの取り扱いとなります。


新サイトはこちら

※新サイトでは従来のNET CASHに加え、BitCashやクレジットカードもご利用いただけます。

▼アプリ版のダウンロードはこちらから

iPhone

Android