先週のセントライト記念ではコラムで取り上げた「ダービー惨敗馬」が見事に巻き返してワン・ツーを決めた。
今週の神戸新聞杯はダービーで「追い込み不発だった馬」が面白い。

重賞ステップ解析とは

今井雅宏氏と編集部が先週の結果を分析、そして今週行われる重賞の過去3年を振り返る対談形式のコラム。
そんな馬券的中へのヒントが盛りだくさんのコラムの一部を毎週木曜日になんと無料公開!

さらに週末のメニュー
・土曜日の「厳選!勝負レース!」に2年前のレース解析
・日曜日の「厳選!勝負レース」に3年前のレース解析+ワンポイントアドバイス
が掲載されます!

週末のさらなる解析はこちらから!


通常レース当日午前1時より配信開始!


「厳選!勝負レース」とは?

[ウマゲノム][Mの法則]などを使った総合評価により、最も勝負できるレースを3レース前後ピックアップ。
馬のタイプ・評価点数・理想体重などの情報に加え、各馬の簡単なコメントも掲載されます。

;先週は天候読みにくかったですね。それでもセントライト記念はまた今年も本命が勝って、3年連続で1着でした。

;相手が66点だったけどね。土日とも、面白い配当がいろいろ当たったけど、月曜は変則開催に加えて天気予報もおかしかったし、レース質を絞りきれない難しさがあった。それと、逆ショッカーリストの種牡馬に新しいの付け加えておいたんで、時間があれば後で解説しておこうと思うよ。

;いよいよ追加したんですね!それにしても、相変わらず中山の重賞は本命が強いですね~。これで秋の重賞は本命が3連勝で、セントライト記念自体も本命が3年連続で1着ですから。今井さんの本命らしく、6頭とも4倍以上の単勝配当が付いてる美味しい馬でしたし。

;急坂があって、しかもトリッキーなコースでレース質がタイトになるからね。ストレスのある馬には厳しくなるぶん、理論的に勝てる馬は絞られる。広いコースの少頭数とかだと、騎手の思うような位置が取れるんで、余程実力が抜けた馬でもないと、ほとんど騎手のその日の思いつきで決まるけどね。つまり偶然性が強すぎるから、競馬予想じゃなくて運試しの領域になるよ。ただ1200mになると、近年は中山でもレース質が軽すぎて、ストレスの影響が出にくいぶん、やりにくいけど。やっぱり中長距離の多頭数小回りが一番だよ。理詰めで穴が取れるからね。

;そういえばこの春も中山はダービー卿で3連複万馬券1点目で当てましたし、中山牝馬Sで80倍2点目的中のやつも、中距離の多頭数でしたっけ。

;毎年盛り上がるフェアリーSも、多頭数の中山中距離でしょう?

;なるほど。27万馬券的中のやつも、芝1600mの多頭数でした。

;レース質がタイトにさえなれば、理詰めで高配当を当てられるということだよ。この夏でいえば、いつもの函館記念、札幌記念なんかも、小回りの中距離だし。

;確かに2レースとも、2年連続で完全的中でしたね。

;洋芝でレース摩擦が更に増すってこともあるにはあるけど。

;あとセントライト記念はびっくりでしたよ。滅多にない重賞の1番人気本命でした。

;前日は単勝6倍付いてて、1番人気でもなかったから。ただ当日1番人気になっても問題ないとは思ってたよ。
;重賞の1番人気を本命にしたのは函館記念以来ですかね?あれも同じような形で当日単勝5倍の1番人気になりましたが、馬単の高配当を当てたんでしたね。重賞で1番人気本命のときは、やっぱりほとんど来ますね。

;今回は相手間違っちゃったけど、S君は馬単も予想でしっかり当ててたじゃないか。解説してた通りの「相手は人気薄の前の方の馬で」っていうやつで。

;ええ、どっちかっていうと2着馬は差してきましたが(笑)、上手くいきましたよ。しかも、今井さんと久しぶりの本命被りだったので、ガツンといけました。

;僕は脇が甘くて、5点以内で当てられなかったよ。

;絞りきれなそうだとワンポイントアドバイスで話してましたが、どの辺ですか?

;本命は直ぐ決まったけどね。相手は、雨が降って差し馬場になるのか、それまで通りなのか、重い馬場か軽い馬場か、それぞれの馬場パターンで一通り最有力の馬を挙げていたら、手が回らなくなった。かなりの道悪になると、急に外差しになることが最近は多いからね。そこへのケアも丹念にしないといけなかったよ。終わってみれば、それまで超高速馬場だっただけあって、雨が上がったら、あっという間に先週までの軽い前残りの内伸び馬場になったわけだけど。その前の白井特別で、スローとは言え、先行馬が上がり33秒台での前残りだからね。あの時点で、もう外差しはないよ。リオンリオンには、少し湿った前残りの道悪という、前日の想定通りピッタリの馬場になったんで、状況が整って勝負はよりしやすくなったけど。馬体重の増え方もまずまず悪くはなかったし、レース前の状況からは単勝かなりガツンと買っても良いだろう。だけど相手は、内伸びシナリオだと、ザダルでケア出来るかなっていうのがあって、そこで終わらせちゃったんだ。

;実際、外差し馬場なら5番人気の対抗だったルヴォルグが来て、馬単も1点目的中だった感じですもんね~。

;ザダルは、休み明けにしてはやけに調教が緩いのが気になったけど、やっぱりパドックでかなり緩んで見えたよ。しっかり仕上げていたら、あの内有利の馬場なら連は外さなかった。ザダルが普通の状態ならサトノルークスは3着だったけど、サトノルークスをザダルがいるからと、評価を落としたのが甘かった。同じダービー先行組なら、リオンリオンに勝てないという計算もあって、ザダルとリオンリオンに勝てない馬ならマーク緩めても良いかというわけだったけど、リオンリオンの相手として考えるんなら、もっと評価するべきだった。皐月賞が後ろからで、ダービーが3番手で位置取りの変化があるのもそうだけど、前走ハイペースを先行した活性化がポイントだったからね。先週のデータ分析的にも、そういうことだったわけだし。せっかくだから、先週のをちょっと見てみようか。

;ダービー惨敗からのステップ解説ですね。ダービーを先行していた馬の好走確率が高くて、特に2番手以内だとかなり来ているという話で、リオンリオンはピッタリですよね。あと2走前2200mの緩い競馬の馬は危ないということで、これは2400mだったリオンリオンには良くない要素になりますか?

;そうだね。つまり、ダービー惨敗馬は、活性化している馬がかなり有利なステップという解説だった。そうなると、前走ハイペースを逃げたリオンリオンはピッタリ。ただ2走前に単調な東京2400mを先行したのはマイナスだ。ところがリオンリオンの場合は2走前2400mでもGⅡで、しかも淀みないペースで逃げているから、2400mであることがこの場合は活性化面でマイナスには全くならない。データ面は完璧にクリアだよね。サトノルークスの場合は前走2番手以内でなく3番手だけど、ハイペースを3番手なら、活性化面で十分で、普通のペースのダービーを2番手の場合よりもむしろ有利だろう。そして2走前は2000mのGⅠを使ってるから、2走前のデータからも、活性化対策としてはクリアだ。そう考えると、かなりデータ的には有利なステップ、出走馬の中でも上位のステップということになる。そこを同系列のザダルの存在がブラインドになって、拾わなかったということだった。思考過程の中で性急さがあったというか、配慮みたいなのが欠けていたのかもしれない。

;なるほど。それにしても活性化っていうのは面白いですね。

;休み明けでも影響するのも、ポイントになるよ。逆ショッカーも休み明けが入れてあるでしょう?案外、位置取り系の記憶は、間隔が半年とか開いても残るケースが多いんだよね。ということで、今度の本でも活性化は一つのテーマになっているよ。単行本もここでのデータ分析も、こんな感じで、先週も言ったようにその意味、向いている方向性を考ることで効果が倍増するということになる。単に「何番手」という具体的な数字ではなく、何故そうなっているのかということだね。その理由は、ほとんど鮮度と疲労、つまりはストレスだよね、そして活性化で説明出来る。だから、その3項目がGⅡ以上だとステップ毎に分析されているんだ。
 あとかなりの道悪になればメイショウテンゲンを本命にしようかとも思ったけど、雨が上がって外差しの利かない馬場になって、しかも休み明けの馬体減りで過去最低体重では完全にアウトになった。馬体重見て、こんな状態の馬、本命とかにしなくて良かったとホッとしたよ。これは道悪による活性化要求率の低下ということでの狙いだったんだけど。結果、馬場が普通に戻ったんで、あの活性化が弱いステップでは、ついていくのに精一杯に終わった。

;それでは、今週はどっちの重賞にしましょうか?

;単行本でやっていない神戸新聞杯にしておこうか。

;単行本、もう出てるんですか?

;うん、出てると思うよ。

;それでは昨年からですね。調べてみると、昨年は2,3番人気の堅い決着なのに、今井さん1点目で当ててますよ(笑)。

;3番人気以内が本命対抗という予想は少ないから、1,2点目で当たるときは必然的に高配当になってるのはあるけどね。

;勝った2番人気のワグネリアンはダービー1着後からでした。ただダービー連対馬の出走はないですね。2着のエタリオウはダービー4着後の3番人気でした。

;ダービー3~5着は、9頭中5頭が3着以内だ。来た5頭は前走3角10番手以降。どちらかというと追い込み不発だった馬が面白いステップになるね。神戸新聞杯は単調なレースになりやすいんで、活性化の必要はほとんどないし、レース摩擦が薄いんであんまりストレスも影響しにくいレースだから。2走前は皐月賞とNHKマイルCと青葉賞。青葉賞の馬は、つまりエタリオウのことだけど、青葉賞では4角4番手だった。いくら活性化の必要が少ないレースとはいえ、単調な東京2400mを後方なわけだから、2走前も単調な競馬過ぎると、やや危ないということはあるね。ある程度タフさ、S質を刺激されたレースをした方が良いことになる。

;3着のメイショウテッコンは、ラジオNIKKEI賞組で登録がないので、前年です。



この続きは週末のメニューで!


土曜の「厳選!勝負レース」に2017年の解析
日曜の「厳選!勝負レース」内に2016年の解析+ワンポイントアドバイスが掲載されます。
ぜひ予想と合わせてご覧ください!


また「厳選!勝負レース」に加え、「今日の準勝負レース」、「レースのポイント」、「逆ショッカーリーチ馬データ(数値つき)」が全て入ったお得なセットメニュー(540円お得!)もございます。


通常レース当日午前1時より配信開始!


◎「厳選!勝負レース」とは?

[ウマゲノム][Mの法則]などを使った総合評価により、最も勝負できるレースを3レース前後ピックアップし、レースごとにランキング表とコメント表を掲載します。
ランキング表は評価(点数)の高い順に並んでおり、各馬の上段に馬番・馬名・馬のタイプ(掲載しない場合もあります)、下段に評価点数・理想体重・想定オッズ情報が含まれています。

◎馬券の買い方について
買い目の順番。同点の場合は当日人気がない方が上位評価になる。
上位組み合わせから購入金額を徐々に落として買うか、それが大変な場合は点数を絞って買った方が良いが、高配当や馬体重、馬場が想定と合っている組み合わせは押さえておきたい。
3連単に関しては人気サイドに有利な馬券なので、人気馬が上位に入っているときは点数を広げて買っても良い。

馬連 (1)1位-2位 (2)1位-3位 (3)1位-4位 (4)1位-5位 (5)1位-6位 (6)2位-3位
馬単 (1)1位-2位 (2)1位-3位 (3)1位-4位 (4)1位-5位 (5)1位-6位 (6)2位-3位
3連複順番
(1)1位-2位-3位 (2)1位-2位-4位 (3)1位-3位-4位 (4)1位-2位-5位 (5)2位-3位-4位 (6)1位-2位-6位
3連単順番
(1)1位-2位-3位 (2)1位-3位-2位 (3)1位-2位-4位 (4)1位-3位-4位 (5)2位-1位-3位 (6)3位-1位-2位 (7)1位-4位-2位 (8)1位-4位-3位 (9)2位-1位-4位 (10)3位-1位-4位
(11)2位-3位-1位 (12)2位-3位-4位 (13)1位-2位-5位 (14)1位-2位-6位 (15)2位-1位-5位 (16)2位-1位-6位 (17)1位-3位-5位 (18)3位-2位-1位 (19)2位-4位-1位 (20)2位-5位-1位 (21)1位-5位-2位


メニュー詳細

無料コンテンツも充実!

「重賞ローテーションデータ表」(無料
激走馬、危険な人気馬がひと目でわかる!過去5年のデータ表(毎週水曜日更新

「重賞ステップ解析」(一部無料
編集部と過去のレースを振り返る対談形式のコラム(毎週木曜日更新

「逆ショッカー候補リスト」(無料
15年の時を経て進化した短縮ショッカーの激走候補馬リスト(毎週金曜・土曜更新

大満足の週末コンテンツ!

◆「厳選!勝負レース」(1,296円)

◆「今日の準勝負レース」(864円)

◆「レースのポイント」(324円)

◆「逆ショッカーリーチ馬データ」(216円)

◆「今日の予想情報セット」(2,160円)
・厳選!勝負レース、・今日の準勝負レース、・レースのポイント、・逆ショッカーリーチ馬データ
の4つがセットになったお得なメニューです。

◆「重賞ステップ解析②」(324円)


通常レース当日午前1時より配信開始!


プロフィール

今井 雅宏(いまい まさひろ)

学生時代に独学で競馬を研究し、競走馬の心身構造を馬券にする「Mの法則」を発見、それまでの競馬予想を一変させた。
現在は、競馬雑誌で活躍中のほか、馬券研究会「Mの会」を主催して、毎週予想情報の提供を行っている。
著書に「衝撃の馬券革命 Mの法則」「馬券破壊 マグニチュードM」「競馬を科学するMという名の最的中理論」(メタモル出版)、「短縮ショッカー」「ウマゲノム版種牡馬辞典」(白夜書房刊)などがある。


JRAの古馬の芝重賞をウマゲノム的見地から解析した一冊

天才・今井雅宏が着想したウマゲノムの概念を、実践的に生かすための一冊が登場!
ぜひ手にとって見てください!