先週のシルクロードSでは10番人気のファストフォースを高く評価し、3連複6,040円的中!
東京新聞杯は前走オープン戦からの好走も目立つレースで、まずはその中からニューイヤーSとキャピタルSを解析!



あの今井雅宏の最終決断、予想配信はこちら!


重賞ステップ解析とは

今井雅宏氏と編集部が先週の結果を分析、そして今週行われる重賞の過去3年を振り返る対談形式のコラム。
そんな馬券的中へのヒントが盛りだくさんのコラムの一部を毎週木曜日になんと無料公開!

さらに週末のメニュー
・土曜日の「厳選!勝負レース!」に2年前のレース解析
・日曜日の「厳選!勝負レース」に3年前のレース解析+ワンポイントアドバイス
が掲載されます!

無料コンテンツも充実!配信メニュー一覧はこちら



◆馬券の買い方について
今井雅宏の予想には買い目の掲載がないため、
競馬予想GPでは今井雅宏推奨の馬券の買い方(馬連6点、馬単6点、3連複6点、3連単21点)に則って的中判定、回収率の計算を行っており、
それに基づいた的中を的中情報として取り上げています。




;今週は、昨年2番人気マテンロウレオ、4番人気イルーシヴパンサーと本命が勝って、馬単も得意の1点目的中だったきさらぎ賞と東京新聞杯がありますよ。シルクロードSは一応2年連続的中しましたし、今週も連続的中でお願いしますね!
 その前に先週ですが、シルクロードSは縦目なので、5点目での3連複6040円的中でした。

;なんか前週と同じになっちゃったね。重賞は準勝負レースに選んだ方が当たって、勝負レースはS君の方が的中という。

;根岸Sは堅かったですし、しっかり当てました(笑)。他のレースでは、小倉7Rのコーリングユーと土曜東京最終のマイネルニコラスは共に5番人気でしたし、いろいろと面白い本命が勝ちましたけど。

;ただ本命が走ると相手がいまいちという感じで、全体に組み合わせが悪かったかな。いきなり土曜小倉が予報と違って雪だし、絞り込んでビシッと1,2点目で当てるのは難しい馬場だったよ。

;そんな感じでしたね。シルクロードSも予想上位4頭中3頭で決まりましたが、本命が「重い馬場ベター」で、他の3頭が「高速馬場ベター」という解説でした。結局当日はかなりの高速馬場になって残りの3頭で決まっての60倍でしたね。馬体重も良かったですし、馬場を見て5点目と言わず、2,3点目以内では当てた人が多かったと思います。

;これは悔しいね。対抗は鮮度があって脚質的にもどういう馬場になっても対応出来るんで大崩れはない1番人気の馬に最初から決めてたんだ。あとは本命を6番人気のシャインガーネットにするか、10番人気のファストフォースにするか、ずっと考えてたんだよね。
で、土曜の9Rが結構時計が速かったから、「あれだとシャインガーネットは間に合わない」ということで、ファストフォースにほぼ決めてたら、最終が今度は時計掛かったんで、わけがわかんなくなったんだよ。馬場が読めなかったから、準勝負レースにしたんだけど。

;予想でも、「馬場の時計レベルが読みにくくて難しいが、土曜最終の感じから時計掛かる馬場想定」という解説でした。結局、高速馬場になっちゃって、残り3頭でそのまま決まりました。

;うーん、中京のコンディションは本当に読みにくいね。土曜最終がレース上がりが掛かって9Rより時計も掛かってきたから、使われて時計が掛かり始めてきたと考えたんだよね。それなら日曜はもっと時計が掛かるはず。それと最終が内残りだから、差し競馬を匂わせているファストフォースは恐らく前走と同じ外を回る筈で、そう考えると馬場とは真逆だ。
ということで、内枠で時計掛かる馬場向きのシャインガーネットにしたら、超高速馬場になっちゃったという結末だった。

;昨年は時計掛かる馬場という読みで、7番人気のシャインガーネット本命で当ててましたもんね。

;高速馬場で矯めたらキレ負けする馬だから、あの高速馬場ならスタート決めた時点で押さえないでそのまま行かすしか、好走する選択肢はないんだけどね。
高速馬場で矯めて来るほど、軽さはないからその時点で終了だった。直前の2200mが同じスローなのに前日より全然速い決着だったんだよね。

;あの時点で縦目からが正解ですかね?

;スローで勝ち馬の時計が2分12秒9は、ちょっと高速すぎるもんね~。

;ところでなんで超人気薄だったファストフォースは上位評価だったのですか?

;徐々にリズムを上げてきたのと、相手強化のロードカナロアだね。それともう一つあったよ。

;なんですか?


あの今井雅宏の最終決断、予想配信はこちら!


▽今井雅宏の魅力満載のブログはこちらから!▽

ブログ


;2走前から差しを試みたんだ。まぁ2走前は偶然行けなかっただけだけど。脚質転換や条件を変えてきたときは、そこで一端ステージがクリアされると考えるのがMの法則の基本原則の1つになるよ。あんまり話題にはしていない原則だけど(笑)。
だからダート替わり3戦目とかと同じレベルで鮮度が高い。今回は前に行く位置取りショックも良いし、そのまま差して脚質転換の鮮度を満喫するのも良い。これで内枠なら馬場レベルに関係なく本命だけど、最終見ると外を回る差し馬は物理的になさそうだったのがね。あと、太めが続いていたから、当日絞れないと恐らくきついのもあったけど。

;予想でもファストフォースは、外差しだと土曜の馬場から間に合わないかもという解説でしたね。

;前走のイメージと同じ外差しを選択すると馬場からアウトで、そこが一番気になる点なわけだけど、結局馬場よりMの基本法則を最優先するべきという結末だった。Mの基本より馬場に気持ちが傾くとやっぱり良くないね。

;何れにしても解説読んでれば、9Rのスローでの高速決着見て縦目の60倍の方で勝負した人は多かったでしょうね。
しかもファストフォースは太めが綺麗に絞れて、ナムラクレアは休み明けでちょうど良く増えてと、高速馬場に加えて馬体重も完璧でした。「馬体重と馬場で勝負!」という、いつもの結末でしたね。走れる状態の馬は分かってるレースだと、毎週ほぼ馬体重と馬場で順番が決まりますよね。
根岸Sは揉まれないように外に出せばという解説でテイエムサウスダンでしたが、内に入っちゃいました。

;一回下げて、ルメールらしく外々を回る得意の差しに持っていくとばかり思ってたけど、行っちゃった。
なんかこの日のルメールはやけに好戦的で、ガンガン行ってたんだよね。先週1番人気で失敗したから気合いが入ってたのかなぁ。同じダート1400mの8Rも出して行ったから、「まさかここも中枠から出して行っちゃうのかな」とビビりながらレースを見たけど、実現されちゃった。堅かったから諦めもつくけど、揉まれ弱いという情報は事前に入ってなかったのか、好きなように乗って良いという指示があったのかな。

;それではデータ分析ですね。2年連続で馬単1点目で的中して3年連続1点目の掛かっているきさらぎ賞もありますが、分析は競馬場が同じ東京新聞杯にしましょうか。
 昨年は、1800mの3勝クラス勝ちだった5番人気イルーシヴパンサーが勝ちました。この馬が本命で馬単1点目的中だったわけですが、3勝クラス勝ちは良いんですか?今年は1600mの3勝クラス勝ちが登録していますけど。

;3勝クラス勝ち馬は、22頭中10頭が3着以内だよ。1600mに限定すると10頭中5頭が3着以内だからマイルだと率は少し上がってる。来た5頭は、前走3角4~13番手。差している馬が来ているけど、このステップはほとんど差していたんであまり意味のあるデータでもないかな。むしろ今回3角7番手以内になった馬だと5頭中4頭が来ているから、ついていこうと思えばある程度ついていけるだけの機動力はあった方がベターな感じ。今回11番手と一番後ろになって勝った馬は、道悪の年だった。
2走前は、5頭中4頭が3着以内で、もう1頭はOP特別で3番人気10着だった。勢いがあるか、強い相手に力を出し切れずに疲れがないか、みたいなタイプだよね。2走前が2勝クラスだと4頭中3頭が来ていて、鮮度の高い馬にも要注意。あと道悪の年は2頭とも来ていて、馬場レベルが重いと怖い。それと5,6歳馬が結構来ているよ。

;2着のファインルージュは、秋華賞2着後の1番人気でしたがこのステップはいませんね。3着カラテは、ニューイヤーS1着後の2番人気でした。ニューイヤーSとキャピタルS連対馬が登録してます。

;1600mのOP特別連対馬は、26頭中11頭が3着以内だよ。
ちょっと数が多いからニューイヤーS連対馬で見てみると、15頭中8頭が3着以内だ。この時期は馬が太くなりやすいから、多少ストレスはあっても間隔が詰まっている方が太めが残りにくくて有利なんで、普通の時期のOP特別好走馬よりも好走率が高くなりやすい。重賞ではないわけだしね。
来た8頭中7頭が前走3番人気以内で、このタイプだと11頭中7頭が来ている。前走の位置取りは3角1~10番手と様々。今回も様々だけど、今回3角3番手以内になった馬だと7頭中5頭が来ていて、先行出来る馬には特に注意したい。今回4角5番手以降になった馬だと7頭中2頭が3着以内と率が落ちて、その1頭は道悪の年。馬場レベルが重くなって活性化の必要性が薄れてない場合は、機動力があった方が無難な感じだ。
2走前は1400mが3頭とも来ていて、 あと1800mの重賞や、1600mのOP特別で先行してた馬とかが好成績。つまり、ある程度それまでに活性化されている方が対応しやすいということになる。

 キャピタルS連対馬だと、6頭中3頭が3着以内だよ。来た3頭は前走2番人気以内だったけど、6頭全てが3番人気以内だったからそれほど意味のあるデータでもないかな。位置取りは3角8~12番手。これも6頭全て差し馬だったんであまり意味があるデータではないけどね。
2走前は、菊花賞と富士S2頭。単調な東京のOP特別だから、それまでにタフなレースを走っていた方が無難だ。まぁ該当馬がみんな差し馬だったから余計にタフな体験が必要というのもあったろうけどね。
3走前はオールカマー、神戸新聞杯、函館記念。みんな2000m以上のレースで、マイルのトップクラスカテゴリーストレスも薄い方がよりベターだ。好走馬の中に2走前がマイル重賞の富士Sの馬が2頭いたから、必然的にカテゴリーストレスが薄い方が良かった部分も大きいわけだけどね。



この続きは週末のメニューで!


土曜の「厳選!勝負レース」に2020年の解析
日曜の「厳選!勝負レース」内に2019年の解析+ワンポイントアドバイスが掲載されます。
ぜひ予想と合わせてご覧ください!


「厳選!勝負レース」は通常当日午前1時より配信開始!


また「厳選!勝負レース」に加え、「今日の準勝負レース」、「レースのポイント」、「逆ショッカーリーチ馬データ(数値つき)」が全て入ったお得なセットメニュー(550円お得!)もございます。


◎「厳選!勝負レース」とは?

[ウマゲノム][Mの法則]などを使った総合評価により、最も勝負できるレースを3レース前後ピックアップし、レースごとにランキング表とコメント表を掲載します。
ランキング表は評価(点数)の高い順に並んでおり、各馬の上段に馬番・馬名・馬のタイプ(掲載しない場合もあります)、下段に評価点数・理想体重・想定オッズ情報が含まれています。

◎馬券の買い方について
馬連 (1)1位-2位 (2)1位-3位 (3)1位-4位 (4)1位-5位 (5)1位-6位 (6)2位-3位
馬単 (1)1位-2位 (2)1位-3位 (3)1位-4位 (4)1位-5位 (5)1位-6位 (6)2位-3位
3連複順番
(1)1位-2位-3位 (2)1位-2位-4位 (3)1位-3位-4位 (4)1位-2位-5位 (5)2位-3位-4位 (6)1位-2位-6位
3連単順番
(1)1位-2位-3位 (2)1位-3位-2位 (3)1位-2位-4位 (4)1位-3位-4位 (5)2位-1位-3位 (6)3位-1位-2位 (7)1位-4位-2位 (8)1位-4位-3位 (9)2位-1位-4位 (10)3位-1位-4位
(11)2位-3位-1位 (12)2位-3位-4位 (13)1位-2位-5位 (14)1位-2位-6位 (15)2位-1位-5位 (16)2位-1位-6位 (17)1位-3位-5位 (18)3位-2位-1位 (19)2位-4位-1位 (20)2位-5位-1位 (21)1位-5位-2位

買い目の順番。同点の場合は当日人気がない方が上位評価になる。
上位組み合わせから購入金額を徐々に落として買うか、それが大変な場合は点数を絞って買った方が良いが、高配当や馬体重、馬場が想定と合っている組み合わせは押さえておきたい。
3連単に関しては人気サイドに有利な馬券なので、人気馬が上位に入っているときは点数を広げて買っても良い。


無料コンテンツも充実!

「重賞ローテーションデータ表」(無料
激走馬、危険な人気馬がひと目でわかる!過去5年のデータ表(毎週水曜日更新

「重賞ステップ解析」(一部無料
編集部と過去のレースを振り返る対談形式のコラム(毎週木曜日更新

「逆ショッカー候補リスト」(無料
15年の時を経て進化した短縮ショッカーの激走候補馬リスト(毎週金曜・土曜更新

大満足の週末コンテンツ!

◆「厳選!勝負レース」(1,320円)

◆「今日の準勝負レース」(880円)

◆「レースのポイント」(330円)

◆「逆ショッカーリーチ馬データ」(220円)

◆「今日の予想情報セット」(2,200円)
・レースのポイント、・厳選!勝負レース、・今日の準勝負レース、・逆ショッカーリーチ馬データ
の4つがセットになったお得なメニューです。

◆「重賞ステップ解析②」(330円)


通常レース当日午前1時より配信開始!


プロフィール

今井 雅宏(いまい まさひろ)

学生時代に独学で競馬を研究し、競走馬の心身構造を馬券にする「Mの法則」を発見、それまでの競馬予想を一変させた。
現在は、競馬雑誌で活躍中のほか、馬券研究会「Mの会」を主催して、毎週予想情報の提供を行っている。
著書に「衝撃の馬券革命 Mの法則」「馬券破壊 マグニチュードM」「競馬を科学するMという名の最的中理論」(メタモル出版)、「短縮ショッカー」「ウマゲノム版種牡馬辞典」(白夜書房刊)などがある。