先週は福島記念を本命対抗でズバリ!今週はGⅠでもビシッと決めたいところ。
昨年は毎日王冠組と富士S組が1、2着。これらの王道ローテーションに加え、近走2000m以上のレースを使った馬にも注意を向けたい。

重賞ステップ解析とは

今井雅宏氏と編集部が先週の結果を分析、そして今週行われる重賞の過去3年を振り返る対談形式のコラム。
そんな馬券的中へのヒントが盛りだくさんのコラムの一部を毎週木曜日になんと無料公開!

さらに週末のメニュー
・土曜日の「厳選!勝負レース!」に2年前のレース解析
・日曜日の「厳選!勝負レース」に3年前のレース解析+ワンポイントアドバイス
が掲載されます!

週末のさらなる解析はこちらから!


通常レース当日午前1時より配信開始!


「厳選!勝負レース」とは?

[ウマゲノム][Mの法則]などを使った総合評価により、最も勝負できるレースを3レース前後ピックアップ。
馬のタイプ・評価点数・理想体重などの情報に加え、各馬の簡単なコメントも掲載されます。

;先週の重賞は、福島記念と武蔵野Sが熱かったですね~。6番人気と8番人気の人気薄本命が、両方とも激走して連対しましたよ。

;福島記念は熱かったを通り過ぎて、ぐったりしてたけど。

;ウインクシードのことですね(笑)。予想の方は、6番人気ステイフーリッシュ本命で、対抗がクレッツェンドラヴなので、馬連1点目的中でした。大幅増減注意のステイが10キロ減で、クレッツェンが前走連対した馬体重に近づいて増えてきたので、いつもここを読んでいるファンなら馬単もクレッツェンの方から入って1,2点目で当てた人も多いと思いますし、良かったですかね。重賞で1番人気対抗ということは、堅い馬という評価でしょうし、今井さんもやっぱり馬体重でクレッツェンドラヴから入りましたか?

;ステイは大幅減だったけど、本命で人気もなかったから、両方から買ったけど。パドックでも、かなり細い上に硬くて危ない状態だったけど、本命だし責任を取らないとというのもあるしね。上手くハイペースを差しに回る位置取りショックで体力を温存してくれたから、限界に近い馬体でもなんとか連対した。あの馬体になっちゃうと、ある程度のペースを前に行くと体力切れを起こすからね。Mの馬体重理論としては、C系の馬体減りで差し競馬なら、一回くらいは細くても我慢するのもあるけど。それより、このレースはウインクシードだったよ。

;3番手評価の馬ですよね。12番人気と全くの人気薄で、ぎりぎりまで粘っての4着でした。もう少しで3連複万馬券も1点目的中で、3連単の710倍も5点目でしたが。当日の馬体重的には1,2点目で3連単の700倍を買ってたファンも多かったでしょうし、僕もショッキングでしたよ・・・。

;ペースが想定より速かったから、ハイペース追い込み競馬になっちゃったんだよ。

;ウインクシードは先行馬で唯一粘ってましたもんね。もう少しペースダウンしたら、実際3連複170倍も1点目の的中でしたね~。

;挙げ句に、あの日は外差し馬場だったから。フラットな馬場ならハイペースでも3着だったろうけど。あるいは、以前捲ったことのある馬だから、大外枠で無理に行かないで注文つけて控えた後に途中で捲っていったら、1着だった可能性も結構高い。ハイペース追い込み競馬を、外枠からの正攻法で唯一頭粘ったわけだから、強かったよ。

;単勝も結構、買ってたんですか?

;3番手でも、あれだけ配当がつけばだよね。馬連、3連複も、この馬へ相当買っただけにショッキングだった。

;まぁそれでも、予想は馬連1点目で美味しい配当が当たったわけですし、福島は摩擦レベルが高い馬場でやりやすいっていう先週の解説通りでしたかね?

;逆にそこにハイペースまで重なって、摩擦の強さで短縮の人気馬が3着に来ちゃったわけだけど。ステイゴールド2騎に、短縮馬の組み合わせという、摩擦の多いレースらしい結末に終わったんだけど、先行馬がほとんどいない割にペースが妙に速すぎた。

;武蔵野Sの方は、8番人気のタイムフライヤーが本命でした。これはすぐでした?

;今週の4重賞では、唯一見た瞬間の本命だったよ。他のレースはそれぞれ、直前まで他の馬と悩んだけど。前走は距離が長いという形での止まり方で、しかも初ダートを強引に走った後でストレスがきつかったから。馬体も前走はパドックで相当硬かったんだよ。それでハイペースを先行して6着なら、短縮で出てきたら、崩れることはちょっと考えられない。あとは、短縮で差しに回る位置取りショックをして精神コントロールしたいんで、ハイペースになれば理想。芝も含めて初めての1600m以下だから、最後までモチベーションを持って走りきれるはずだよ。ただ、ハイペースを前に行ったり、あるいは緩い流れを差しに回ったりとか、騎手が逆の乗り方をしちゃう可能性も結構高い気がしたんで、そこが怖かったけど。精神コントロールの難しい馬だから、変なふうに乗ると暴走しかねないんでね。結果、ハイペースをきちんと差しに回る位置取りショックをしてくれたんで、普通にそのまま来たよ。なんで、あんなに人気がなかったのか、よく分からなかったよね。

;相手には、66点の中で当日2番目に人気がなかったので8番目評価のワンダーリーテルが来ましたが、この馬連200倍は、今井さん買ってましたよね。

;単勝25倍で、想定オッズの13倍より倍近く人気がなかったから、この形なら押さえた方が良いよ。東京マイルがベストなのは戦績見れば誰でも分かるんで、もっと人気だと思ったけど、案外人気なかったからびっくりした。

;馬連で200倍なら押さえた方が良いですよね~。馬体重も2キロ減で理想馬体重とジャストでしたから。

;ただ、前から話してるように、3連単以外は6点目以降くらいからは配当がかなりついている馬や、馬場や馬体重のぴったりの馬を押さえる程度で良いよ。基本は3連単以外は5点以内、特に3点以内だから。今回は馬場も馬体重もぴったりで、配当も想定より全く人気なくてと、ワンダーは当日の条件が全て買う方向で揃ったんで、7,8点目でも100倍以上つくんなら、むしろ勝負するくらいのつもりで買っても良いけどね。

;確かに馬場も、またぴったりでした。ワンダーリーテルは「高速馬場なら」という解説で、当日は良馬場でも芝並の高速時計でしたよね。

;晴れてたから、パサパサのもっと力の要る馬場になると思ったんだけど、そこは少し読みと違った。ひょっとして、みやこSのこともあるから、高速良馬場に設定してある可能性も考えられたんで、相手の馬には何頭か、良馬場なのにあえて「高速馬場なら」という解説を入れていたんだよ。

;晴れ予報なのに変だと思ったら、そういうことだったんですね。

;高速馬場のぶん、適性差で2着馬より1着馬に有利になった。あと高速過ぎて内枠の差し馬絶対有利の流れに嵌まったのもあったよ。3着馬も外枠でも内々を回った差し馬だったしね。2着のタイムフライヤー以外は、4着まで全馬1400mからの馬だったでしょう?よほど良いショックで上手く乗らない限り、超高速の軽い馬場で、延長や1400mの軽い馬場に適性がある馬以外は用なしという競馬になった。先週のみやこSと全く同じ構造、結末だったわけだ。秋の芝は仕方ないとしても、ダートまであんなに軽くすることもないのにね。今時、時計が速いからって盛り上がるファンも少ないだろうに。いくらなんでも摩擦が無さ過ぎだよ。

;エリザベス女王杯は、上位評価の馬がだいたいそのまま上位を独占しましたが、クロノは恐れてた反動の方が出ちゃいましたか?

;それよりは、極端なスローが敗因だったよ。内回りの速い流れを勝った後にあの超スローでは、精神コントロール出来なかった。緩い流れに慣れている馬でないとね。もう少しペースアップすればセンテリュオも早仕掛けする必要もなく、差しに回る位置取りショックで来てたろうけど。こればっかりはどうしようもない。流れの読み間違いだった。もともと人気馬で危ないのがスカーレットとウラヌスくらいしかいない、やりにくいレースではあったけど。前軽量が相当増えていたのにビビって、クロコスミアを68点にしたのは失敗だったのはあるかもだけどね。

;2年前のエリザベス女王杯を9番人気で激走したときは勝った馬の相手で2点目か何かで万馬券的中させた馬でしたもんね。結局、今回は外人が勝っちゃいましたけど。

;超スローだと騎手の技量が出やすいから。馬より騎手と枠の比重が高くなる。精神コントロールの難しい馬の内枠で、上手く集中させたよ。

;先々週は土曜の重賞2つ当たったので日曜当てて下さいという話で福島記念も当たったので、今度はGⅠの方で人気薄的中をお願いしますよ~。ということで、早速マイルCSにいきましょう。マイルCSも一昨年に高配当を当てたのはエリザベス女王杯と同じ流れなので、今度はGⅠの方でバッチリとお願いします!で、昨年ですが、毎日王冠2着後のステルヴィオが勝ちました。例によって単行本とは違う区切りということで、毎日王冠2,3着馬はどうなってますか?

;毎日王冠2,3着馬は、6頭中1頭が3着以内だ。3番人気以内の3頭が消えているように、中途半端に頑張ったストレスはきつい。ただ、来た馬は昨年の同馬で5番人気だったから注意だけどね。彼は2走前がダービー。他の来なかった5頭は2走前が1600m~1800mの古馬重賞。だからこそ実績から人気になったわけだけど、当たり前のこととして、このステップ最大の問題はストレスだからね。古馬トップクラスマイルストレスの薄い同馬には有利だった。あと、ダービーということは5月のレースだからね。レース間隔も他の5頭より開いていて、あらゆる意味で心身ストレスは薄かった。あと前走は3番人気で、3番人気以内だった馬だと3頭中1頭が来ているから、やっぱり前走が激走でなかった馬も注意だね。

;2着のペルシアンナイトは、富士S5着後の3番人気でした。

;ここでは4~6着で見てみようか。そうすると、17頭中2頭が3着以内だよ。前哨戦を中途半端に頑張ったストレスは、やっぱりあるよね。同馬は3走前が2000m。もう1頭も3走前が2000m。3走前が2000m以上の馬は3頭中2頭が来ているように、マイル近辺の古馬トップクラスストレスの薄い馬には注意だ。それに同馬は2走前が6月、3走前が4月とレース間隔が開いていて、近2走とも人気を着順が下回ったように、蓄積疲労も少なかった。

;3着は天皇賞4着後の4番人気アルアインが来ました。ただこのゾーンの出走馬はいないので、次ですね。



この続きは週末のメニューで!


土曜の「厳選!勝負レース」に2017年の解析
日曜の「厳選!勝負レース」内に2016年の解析+ワンポイントアドバイスが掲載されます。
ぜひ予想と合わせてご覧ください!


また「厳選!勝負レース」に加え、「今日の準勝負レース」、「レースのポイント」、「逆ショッカーリーチ馬データ(数値つき)」が全て入ったお得なセットメニュー(550円お得!)もございます。


通常レース当日午前1時より配信開始!


◎「厳選!勝負レース」とは?

[ウマゲノム][Mの法則]などを使った総合評価により、最も勝負できるレースを3レース前後ピックアップし、レースごとにランキング表とコメント表を掲載します。
ランキング表は評価(点数)の高い順に並んでおり、各馬の上段に馬番・馬名・馬のタイプ(掲載しない場合もあります)、下段に評価点数・理想体重・想定オッズ情報が含まれています。

◎馬券の買い方について
買い目の順番。同点の場合は当日人気がない方が上位評価になる。
上位組み合わせから購入金額を徐々に落として買うか、それが大変な場合は点数を絞って買った方が良いが、高配当や馬体重、馬場が想定と合っている組み合わせは押さえておきたい。
3連単に関しては人気サイドに有利な馬券なので、人気馬が上位に入っているときは点数を広げて買っても良い。

馬連 (1)1位-2位 (2)1位-3位 (3)1位-4位 (4)1位-5位 (5)1位-6位 (6)2位-3位
馬単 (1)1位-2位 (2)1位-3位 (3)1位-4位 (4)1位-5位 (5)1位-6位 (6)2位-3位
3連複順番
(1)1位-2位-3位 (2)1位-2位-4位 (3)1位-3位-4位 (4)1位-2位-5位 (5)2位-3位-4位 (6)1位-2位-6位
3連単順番
(1)1位-2位-3位 (2)1位-3位-2位 (3)1位-2位-4位 (4)1位-3位-4位 (5)2位-1位-3位 (6)3位-1位-2位 (7)1位-4位-2位 (8)1位-4位-3位 (9)2位-1位-4位 (10)3位-1位-4位
(11)2位-3位-1位 (12)2位-3位-4位 (13)1位-2位-5位 (14)1位-2位-6位 (15)2位-1位-5位 (16)2位-1位-6位 (17)1位-3位-5位 (18)3位-2位-1位 (19)2位-4位-1位 (20)2位-5位-1位 (21)1位-5位-2位


メニュー詳細

無料コンテンツも充実!

「重賞ローテーションデータ表」(無料
激走馬、危険な人気馬がひと目でわかる!過去5年のデータ表(毎週水曜日更新

「重賞ステップ解析」(一部無料
編集部と過去のレースを振り返る対談形式のコラム(毎週木曜日更新

「逆ショッカー候補リスト」(無料
15年の時を経て進化した短縮ショッカーの激走候補馬リスト(毎週金曜・土曜更新

大満足の週末コンテンツ!

◆「厳選!勝負レース」(1,320円)

◆「今日の準勝負レース」(880円)

◆「レースのポイント」(330円)

◆「逆ショッカーリーチ馬データ」(220円)

◆「今日の予想情報セット」(2,200円)
・厳選!勝負レース、・今日の準勝負レース、・レースのポイント、・逆ショッカーリーチ馬データ
の4つがセットになったお得なメニューです。

◆「重賞ステップ解析②」(330円)


※2019年10月1日より消費税増税に伴い価格改定をさせていただきます。
引き続き、お客様にご満足いただけるように努めて参りますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


通常レース当日午前1時より配信開始!


プロフィール

今井 雅宏(いまい まさひろ)

学生時代に独学で競馬を研究し、競走馬の心身構造を馬券にする「Mの法則」を発見、それまでの競馬予想を一変させた。
現在は、競馬雑誌で活躍中のほか、馬券研究会「Mの会」を主催して、毎週予想情報の提供を行っている。
著書に「衝撃の馬券革命 Mの法則」「馬券破壊 マグニチュードM」「競馬を科学するMという名の最的中理論」(メタモル出版)、「短縮ショッカー」「ウマゲノム版種牡馬辞典」(白夜書房刊)などがある。


JRAの古馬の芝重賞をウマゲノム的見地から解析した一冊

天才・今井雅宏が着想したウマゲノムの概念を、実践的に生かすための一冊が登場!
ぜひ手にとって見てください!