土曜競馬で大爆発!中山牝馬S馬単8180円2点目的中(3連単16万も的中)他、万馬券2本など、高配当的中を連発!!

重賞ステップ解析とは

今井雅宏氏と編集部が先週の結果を分析、そして今週行われる重賞の過去3年を振り返る対談形式のコラム。
そんな馬券的中へのヒントが盛りだくさんのコラムの一部を毎週木曜日になんと無料公開!

さらに週末のメニュー
・土曜日の「厳選!勝負レース!」に2年前のレース解析
・日曜日の「厳選!勝負レース」に3年前のレース解析+ワンポイントアドバイス
が掲載されます!

週末のさらなる解析はこちらから!


通常レース当日午前1時より配信開始!


「厳選!勝負レース」とは?

[ウマゲノム][Mの法則]などを使った総合評価により、最も勝負できるレースを3レース前後ピックアップ。
馬のタイプ・評価点数・理想体重などの情報に加え、各馬の簡単なコメントも掲載されます。

;土曜競馬、大爆発というか、本当に爆発し続けましたね~。中山牝馬Sで本命が勝って馬単8180円2点目的中とか、あと万馬券的中もありました。うずしおSは馬連16800円が3点目的中で、房総特別でも馬単16940円が5点目的中です。他にも、久しぶりに出た「期」マークレースのサンシャインSで本命が圧勝して馬単的中もありましたし、勝負レースは3つとも本命が来ましたし、延延と当たりましたね。いやいや、土曜の予想を見たときはレース前から興奮しちゃいましたよ。「期」マークレースが2つもあって、準勝負レースの6.5レースも3つもでしょう?かなり面白いレースが一杯あったということですかね?

;そうだね。土曜は見た感じ、高配当的中の予感しかしないようなレースが多かったよ。あと日曜がまた天気予報がどっちに転んでも良さそうだったんで、馬場に山を張らないといけないギャンブルになるから、雨の予報がゼロの土曜でみんなも勝負を決めて貰おうと思って、高評価レースを連発しておいたのもあったよ。終わってみると、「期」マークレースは、ちょっと奮発し過ぎちゃった感じだけどね。

;万馬券的中のレースとか「期」マークレースの解説も少しして欲しいところですが、重賞解説からにしましょうか。まず中山牝馬Sですが、本命の5番人気フロンティアクイーンが勝って、単勝10.5倍、馬単は2点目で81倍的中でした。あと、携帯サイトでは4番手評価が11番人気の3着馬だったので、3連複の307倍も1位-3位-4位決着の3点目的中かと思ってましたが、後でオッズ確認すると、当日もう1頭の67点の方が人気が落ちちゃったので、買い目ルール上は1位-3位-5位決着でした。

;確かにレイホーロマンスの方が13番人気だったね。

;ただ、携帯サイトの並びでは3点目の買い目になってるので、300倍買って勝負した人はかなり多かったと思いますよ。最後までどっちが人気薄になるか4,5番手評価の11番人気と13番人気のオッズ動向を見て買い目決める人もほとんどいないでしょうし(笑)。レースのポイントで取りあげた馬での決着ですし、両方買ってるんじゃないですか。なにせ、300倍クラスの万馬券ですからね~。

;僕もアッフィラートの方を上位で4番目評価にしたつもりで予想してたけど、まぁそういうルールだからね。それより、このレースは当日、完全なる勝負レースになったよ。対抗の馬体重だけど。

;ええ。僕もそう思って興奮しましたよ。対抗の7番人気フローレスマジックが「絞れて欲しい」で増えて来たんですよね。対抗が怪しいということは、より勝負ですよね?本命は休み明けの馬体重としてはちょうど良いくらいでしたし。

;本命の馬体重も良かったね。しかもこのレースは1番人気と2番人気が7番手と8番手評価だから。いつも言ってるように、1,2番人気が低評価のときはレースの期待値が俄然高くなる。特に重賞の場合は人気馬が切れないようなつまらないレースでも予想することになってるんで、1,2番人気が対抗とかにいるときは、期待値低いレースだからね。特に人気馬が全部高評価だったり、同点だったりするようなレースは、重賞じゃなければ、予想してないレースだから。

;ここをいつも読んでるファンなら、馬体重的には実質1点目で馬単当てた人も多いでしょう。3連複の300倍も2点目あたりの人もいたんじゃないですか?アッフィラートは「増えすぎない方が良い」で、軽く絞れて完璧でしたし。

;対抗は、馬体重が合ってなくても人気がそんなにはない馬だから、少し金額を抑える程度で、切る必要はないけどね。対抗に評価してるわけだから。特に単勝の代わりとしての馬単ならね。もちろん、あの馬体重ならフロンティアとウラヌスの80倍が大本戦の勝負馬券にはなるけど。

;ところでフロンティアクイーンの本命はすぐでした?

;パッと見では、内から11番人気アッフィラート、5番人気フロンティアクイーン、7番人気フローレスマジックの3頭が本命候補に挙がった。で、詳細を分析すると、鮮度の高いときに走るディープインパクト産駒のアッフィラートは格上げ戦は良いけど、ここんところスローばっかり。内枠で揉まれると怖い。フローレスマジックもやっぱり鮮度の高いディープインパクト産駒だけど、戦績からするともっと揉まれ弱い。ただこの馬の場合は前走太目だったので絞れれば上積みが期待出来るのと、外枠だから馬群に入って揉まれるリスクがアッフィラートよりも少ない。で、これが対抗だね。フロンティアクイーンは前走速い流れを先行して、今回は差しに回る位置取りショック。ペースアップしてS質になる場合は、位置取り付きの差し馬が有利なのはいつも解説している通り。しかもこの馬は本来的な差し馬だし、陣営も今回は本来の差し競馬を示唆していた。これは、陣営と位置取りショックをレース前に共有しているという、「意識的な位置取りショック」になる。Mでは最上位に位置される、極めて確度の高いショック療法の1つになるね。気になるのは逆に人気がなさ過ぎる点だよ。そして本来は北村が乗るはずが怪我で三浦に乗り替わり。北村のチョイス自体がそれほどやる気を感じないで、次に選んだのが三浦だからね。少しきな臭い感じはある。良すぎるショックで適性もあるし実績もあるのに人気がないとなると、何か、紙面では分からない状態面やなにか、致命的な問題が発生している可能性はあるよね。そういうときはだいたい馬体重に出るから、「大幅増減注意」にしたかったけど、間隔開けているから8キロくらい増えてもおかしくないし、かといって昨秋はやや太目の作りだったから8キロくらいなら減ってきても走れる可能性がある。ということで、ちょっと状態面のアクシデントの可能性が怖かったけど、敢えて「大幅増減注意」は出さなかったんだ。

;なるほど~。

;そしたら、なんのことはない、普通の状態で出てきたから、ホッとしたよ。

;3番手は最初に名前が出てこなかったウラヌスチャームでしたね?

;これはパッと見では、抑えの5,6番手評価だね。まだ鮮度があって、短縮だから買わないわけにはいかない。ただ揉まれ弱いルーラーシップ産駒が、3戦連続2000m以上は嫌だよ。短縮で揉まれて終わりの可能性が高い。人気もありそうだしね。

;ではどうして?

;乾いて軽い馬場想定だったんだけど、先週日曜の雨で馬場が戻らずに重い可能性もあるかもと途中で思ったんだ。で、日曜と同じ外差しも継続している可能性だね。そうなると、真っ先に名前が挙がるのが、2000m以上を続けて使われて体力補強して、揉まれたくない外差し競馬向きのこの馬になる。軽い差し競馬用に対抗に延長の量系を持ってきてるから、重い差し競馬向きに、この短縮馬を2点目に選んだってことだ。これで全方位完成だね。急な雨で外差し競馬が発生して外した弥生賞の借りも、これで倍返しで返ってくるだろう。

;それでレースのポイントではウラヌスは「重い差し馬場になっていれば」だったんですね。結局、当日は少し重い馬場でしたね?

;そうだね。重いってほどでもないけど、高速でもない。対抗が増えて、馬場が重い。当日の状況全てが、相手はウラヌスチャームということを示唆している。アッフィラートも内突いたら終わりだったけど、上手く外に出して指定通りに揉まれないように乗ったからね。3着に突っ込んだ。馬場、馬体重が合っていて、僕の言ったとおりに乗れば、何百倍だろうが当たるってことだよ。本命の場合は、何も難しい乗り方を指示しているわけではない、その馬にとって自然に出来る乗り方を指示しているわけだしね。アッフィラートは内枠で揉まれないように乗るという、ややアクロバティックな乗り方、騎手の判断に委ねる乗り方だから、本命や対抗にはしなかったということになる。そういう騎手の判断任せなのは、基本、本命にはしない。もちろん、騎手とそのアクロバティックな乗り方のアイデアを共有していると思えば、本命にするけどね。例えばこのアッフィラートなら、「内枠だけど、どこかで外に出せば」とかコメントしてくれてれば、より上位に狙いやすい。僕は枠なりに、あくまで自然な形で乗るのを前提にしているからね。騎手の思いつきとか、偶然性はできるだけ排除して論理的に予想する。だからアクロバティックに乗る外人がいるといやなんだ。今回はルメールがいないで、危ない人気馬に乗っていなかったのも、不確定要素が減って、理論的に高配当が2点目で当てられたのもあるよ。無理矢理、M的に理想的な位置取りショックを仕掛けたりして心身負荷を減らして、本来はストレスで危ない人気馬を持ってくるからね、彼は。

;あとこれ、携帯サイトのまま1位-3位-4位なら3連単の16万馬券も4点目的中だったんで、3連単も当てた人、多かったんじゃないですかね。当日の人気で1位-3位-5位決着でしたが、この間携帯サイトで更新して貰った3連単の21点買いバージョンだと17点目で当たってます。20点買いで16万なら、結構美味しいですよね。

;3連単は多めに買っても悪くない馬券だから、そうしたい人の為に更新しておいたんだよ。こんど、Mのホームページにも暇なときに21点用の買い目を載せておくよ。

;金鯱賞は3連複縦目決着なので、3連複1880円5点目的中に終わっちゃいました。

;アルアインは前に行けずに、先行馬が好位の外々回ったからね。内が伸びる競馬だったし、ああなるとアウトだ。初ブリンカーか、あるいは柴山がテン乗りだったからか、最後また伸びようとしてたように、前に出していく押していき方が分からなかったのかな。酷い重にはならなかったから、1,2番人気も有利になっちゃったしね。そもそも1,2番人気が切れないレースだから、あんまり期待値も高くはなかったけど。

;Fレビューの方も予想で取りあげた馬で1,2着決まりましたが、後ろの方の馬で、ホウオウカトリーヌの方は消えちゃいました。

;ホウオウカトリーヌも、内伸び馬場をずっと外々回っちゃったからね。気持ちがキレた。それと新潟の内容が良くなかったから、輸送もいまいちなのかな~。その辺は分からないけどね。これはS君の本命が勝ったやつじゃないの?ノーワンは僕が取りあげてたから、馬単当たったでしょう?

;いやそれが1番までは買わずに・・・。

;いつもは僕の挙げた馬に自分の本命から流してるから、当たってると思ったよ(笑)。

;いや~。しかも同着ですし、ガッカリですよ。12番人気のノーワンも買い目評価に入ってましたが、やっぱりハーツクライの内枠で格上げ戦での評価ですか?

;そうだね。ただ先週の弥生賞のイメージが、トラウマとして強すぎた。雨で内が悪くなるイメージがどうしても拭えなかったんだ。外差しでイメージして予想しちゃったけど、阪神は逆だったね・・・。

;ですよ。道悪で万馬券当てた阪神Cも、内枠決着だったじゃないですか?あれも同じ阪神1400mですよ。

;うーん。今度、阪神で道悪になったときは、その辺りも注意して考えてみた方がよいかもだね。

;あと簡単に他のレースを。万馬券が3点目で当たったうずしおSは如何でした?

;11頭立てで馬連160倍は美味しかったね。あれも1,2番人気が対抗に挙がってなくて、本命が減りすぎ注意で増えていたから、人気、オッス共に当日はかなり美味しいレースになったよ。

;あと同じく万馬券が当たった房総特別は6.5点レースでしたね。

;単勝7.7倍はびっくりしたね。もっと人気だと思ってた。減ったけど、間隔詰まって前走増えていた馬だし、まだキャリアが浅くてステージ変化中の変動が激しい時期で輸送だから、特におかしい馬体重でもない。上がり勝負が不安だったけど、重い馬場になったんで、より良かったね。

;あと「期」マークレースが2つも出ましたね?

;一つは失敗しちゃったけど。広いコースの下級条件だと不確定要素のリスクがあったかな~。

;サンシャインSは期マークの馬が圧勝して単勝4.2倍で馬単28倍も当たりました。

;そうだね。12頭立てを考えれば美味しかった。絞れてきたしね。逃げないで2番手が理想だったけど、前に行く位置取りショックを掛けてくれたのももちろん良かった。12頭立てで行く馬がいなくて延長だから、出遅れない限り、確約された自動位置取りショックみたいなものだったよ。パワーのある血統構成だから、重い馬場が残ったのも良かったよね。当日の馬場と馬体重からは、ほぼ走る前から勝ったようなもんだろう。出遅れなければだけどね。


;それでは今週もその勢いで、スプリングSにしましょうか。珍しく登録馬も多いので、頭数が揃って面白そうですし。昨年は、朝日杯FS2着後の1番人気ステルヴィオが勝ちました。

;朝日杯FS連対馬は、4頭中2頭が3着以内だよ。まだデータが少ないから、中山時代も含めると13頭中8頭が3着以内になる。レース間隔が開いて距離も違うからストレスの影響は少なく、安定感は高いね。ただし来た馬は全部当日2番人気以内で、2番人気以内の馬でも3頭が消えているんで、注意は必要になる。まぁ2番人気以内で消えた3頭中2頭は道悪の年だから、イレギュラーなことは起こりやすいから仕方ないけどね。それでも、唯一良馬場で、1番人気4着と馬券圏外になったのが、阪神に替わってからの朝日杯FSだったのは気になるけど。ちなみにその馬は前走3角13番手。3角13番手以降だった馬は3頭中2頭が消えている。追い込み馬の距離延長というMの逆ショックと、追い込み好走の基本的ストレスもあるからね。極端な脚質だけに流れに嵌まり切っちゃえば来るかもだけど。残りの来なかった2頭は前走3角4番手。3角4番手以内の馬も4頭中2頭が消えている。やっぱり極端な脚質で同じクラスを好走した馬はストレスがあるし、今回流れが合わなければ危ないからね。ただ、残りの2頭は勝ってるから、追い込み馬ほどの悪影響はないかもだけど。あと2走前が1400mだった馬も4頭中3頭が消えている。短距離指向だった馬は危険性があるとも考えられるけど、その4頭はともに京王杯SCで、しかも連対していたからね。GⅡ以上のレベルが高いレースを2戦続けて連対したストレスもあったんで、そのダブルパンチが影響したというところじゃないかな。

;2着のエポカドーロは2000mの500万1着後でした。

;2000mの500万連対馬は、21頭中9頭が3着以内だ。鮮度が高くて短縮なんで怖いね。そのうち前走が3角4番手以内だと、16頭中8頭が3着以内と、若干率が上がる。4着も2頭いるしね。この中で比較的危ないのが、2走前も2000m以上で3角4番手以内だった馬で、4頭中3頭が消えている。唯一来た馬は前走2角では8番手だから、先行ではなく捲りだった。あと2走前が1600mや1800mだけど、広い東京で先行していた馬も消えた。単調な流れを楽に先行している競馬ばかりだと、活性化が弱いということだね。相手強化で前半に負荷を感じるリスクがあるから。まぁそれも流れ次第だけど。
 前走が3角5番手以降だと5頭中1頭しか来ていない。500万の2000mともなると流れが単調だからね。そこを後ろから競馬をしていると、S質に向かうにはやや活性化が弱いという問題はある。唯一来た馬は京都の内回りで忙しい条件だったし、2走前はダートだから、S質の活性化という面では、前走差していても、特に問題はなかった。
 同じような理由で、前走の位置取りに関わらず当日4番人気以内に支持された馬は9頭中5頭が来ているんだけど、来なかった4頭は前走が東京や中京だった。東京や中京からで人気薄で来ている馬もいるから悪いわけではないけど、広くて単調なコースの2000mだからね。それまでにS質の活性化手続きが行われていない場合はリスク要因になる。実際、前走に関わらず、今回が3角8番手以降になった馬は11頭中2頭しか来ていないから、活性化が弱くて、今回中山で後手を踏みそうな馬は注意だ。極端な脚質だけに、前走より意識的に後ろに回る位置取りショックを掛けて流れに嵌まれば、逆に激走する可能性もあるわけだけどね。

;3着にはやはり芝2000m2着連対後の6番人気マイネルファロンが来ました。これがさっき出た前走3角4番手以内だけど、2走前も2000mで先行して来た珍しいタイプという馬ですね。

;前走は2角で8番手だから先行していたわけでもないっていう馬だね。それにステイゴールドにロージズインメイというC系配合だから、相手強化向きで、単調な競馬をずっと前に行っているという活性化の弱さが致命傷にはなりにくいってことはあったかもね。あとこの年は前半が速く流れたから、短縮馬に有利だったこともあるだろう。




この続きは週末のメニューで!


土曜の「厳選!勝負レース」に2017年の解析
日曜の「厳選!勝負レース」内に2016年の解析+ワンポイントアドバイスが掲載されます。
ぜひ予想と合わせてご覧ください!


また「厳選!勝負レース」に加え、「今日の準勝負レース」、「レースのポイント」、「逆ショッカーリーチ馬データ(数値つき)」が全て入ったお得なセットメニュー(540円お得!)もございます。


通常レース当日午前1時より配信開始!


◎「厳選!勝負レース」とは?

[ウマゲノム][Mの法則]などを使った総合評価により、最も勝負できるレースを3レース前後ピックアップし、レースごとにランキング表とコメント表を掲載します。
ランキング表は評価(点数)の高い順に並んでおり、各馬の上段に馬番・馬名・馬のタイプ(掲載しない場合もあります)、下段に評価点数・理想体重・想定オッズ情報が含まれています。

◎馬券の買い方について
買い目の順番。同点の場合は当日人気がない方が上位評価になる。
上位組み合わせから購入金額を徐々に落として買うか、それが大変な場合は点数を絞って買った方が良いが、高配当や馬体重、馬場が想定と合っている組み合わせは押さえておきたい。
3連単に関しては人気サイドに有利な馬券なので、人気馬が上位に入っているときは点数を広げて買っても良い。

馬連 (1)1位-2位 (2)1位-3位 (3)1位-4位 (4)1位-5位 (5)1位-6位 (6)2位-3位
馬単 (1)1位-2位 (2)1位-3位 (3)1位-4位 (4)1位-5位 (5)1位-6位 (6)2位-3位
3連複順番
(1)1位-2位-3位 (2)1位-2位-4位 (3)1位-3位-4位 (4)1位-2位-5位 (5)2位-3位-4位 (6)1位-2位-6位
3連単順番
(1)1位-2位-3位 (2)1位-3位-2位 (3)1位-2位-4位 (4)1位-3位-4位 (5)2位-1位-3位 (6)3位-1位-2位 (7)1位-4位-2位 (8)1位-4位-3位 (9)2位-1位-4位 (10)3位-1位-4位
(11)2位-3位-1位 (12)2位-3位-4位 (13)1位-2位-5位 (14)1位-2位-6位 (15)2位-1位-5位 (16)2位-1位-6位 (17)1位-3位-5位 (18)3位-2位-1位 (19)2位-4位-1位 (20)2位-5位-1位 (21)1位-5位-2位


メニュー詳細

無料コンテンツも充実!

「重賞ローテーションデータ表」(無料
激走馬、危険な人気馬がひと目でわかる!過去5年のデータ表(毎週水曜日更新

「重賞ステップ解析」(一部無料
編集部と過去のレースを振り返る対談形式のコラム(毎週木曜日更新

「逆ショッカー候補リスト」(無料
15年の時を経て進化した短縮ショッカーの激走候補馬リスト(毎週金曜・土曜更新

大満足の週末コンテンツ!

◆「厳選!勝負レース」(1,296円)

◆「今日の準勝負レース」(864円)

◆「レースのポイント」(324円)

◆「逆ショッカーリーチ馬データ」(216円)

◆「今日の予想情報セット」(2,160円)
・厳選!勝負レース、・今日の準勝負レース、・レースのポイント、・逆ショッカーリーチ馬データ
の4つがセットになったお得なメニューです。

◆「重賞ステップ解析②」(324円)


通常レース当日午前1時より配信開始!


プロフィール

今井 雅宏(いまい まさひろ)

学生時代に独学で競馬を研究し、競走馬の心身構造を馬券にする「Mの法則」を発見、それまでの競馬予想を一変させた。
現在は、競馬雑誌で活躍中のほか、馬券研究会「Mの会」を主催して、毎週予想情報の提供を行っている。
著書に「衝撃の馬券革命 Mの法則」「馬券破壊 マグニチュードM」「競馬を科学するMという名の最的中理論」(メタモル出版)、「短縮ショッカー」「ウマゲノム版種牡馬辞典」(白夜書房刊)などがある。


大穴馬券の行方は、種牡馬が握っている!

今井雅宏渾身の著書、血統の勉強+馬券に役立つ唯一無二の種牡馬辞典「ウマゲノム版 種牡馬辞典 2018-2019」が発売されました!
ぜひ手にとって見てください!